Home

 

Line

 

WeChat

 

 

 

 

 
 
 

 

 

現在の位置:トップページヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

........................................................................................................................................................................
2018年からの営業時間変更のお知らせ
いつも日月命理館をご支持、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
当館にお越しくださるお客様へのお知らせです。
当館の営業時間を午前10:00~12:00、午後14:30~18:00、定休日を火曜日と変更させていただきます。また、鑑定人数は一日5名様までとさせていただきます。
当館は十数年來鑑定費用を変更したことはありませんでしたが、人件費などのコストの上騰、またお客様への更なるサービスの品質向上のため、2018年1/1より鑑定費用を微調整させていただくこととなりました。
以前よりご贔屓にしてくださるお客様、またこれからお会いするお客様、皆様より厚いご支持とご指導のほど、よろしくお願い致します。
日月命理館 魏嘉誾
........................................................................................................................................................................
《風水物語-和歌山お祓い2
前回の続きです
そのお客様が持ってこられた平面図を見て、本当に驚きました。私はお客様の住所を見ただけで、この家には大きな問題がある事が分かりました。なぜなら、その方の家は二百坪以上もあり、この家の古さは百年以上の歴史もあるのです。その上、この家にはたった二人しか住んでいないのです。この平面図を見ただけでもすでに十分に恐怖を感じられます。それは、この家の中、家を取り囲む外も陰鬱としており、特にその家には百年以上前に作られた井戸があったのです。もしかしたら、皆さんは「井戸があるというだけでなぜそんなに怖いことがあるんだ?」と思われるかもしれません。しかし、最大の問題はその「井戸」と関係しているのです。私たちのような仕事をしている人間は、普段 から度胸が鍛えられているものですが、この「井戸」を目の当たりにした時は、突然全身に鳥肌が立つほどでした。そのことからも、この「井戸」の恐ろしさががどれほどのものか、おわかりになるかと思います。なぜこのお客様の弟様が重い精神病を患っているのか、なぜ入院して完全に隔離監視されなければならないほど深刻なのか。
当時私は、平面図を二度見直して、まずその「井戸」から手を付けることに決めました。まず私はお客様に、八卦の蓋を作って下さいとお客様にお話しました。お客様に井戸の大きさを測って私に送ってもらうように言い、お客様の家の中のどの配置を改善すべきかお話しました。お客様も大変よく協力してくださり、その後私はお客様に和歌山まで来て家をお祓いしてもらえないかと頼まれました。私はしばらく考え、実際に私が日本まで行ってお祓いすることを了承しました。お客様は大変喜ばれて日本に帰って行きました。
和歌山へ行ってお客様の問題を解決するため、私はスケジュールを調整して日本へ旅立ちました。毎回仕事の為に海外へ行く時は、いくつもの困難があります。なぜなら、毎日のようにお客様の予約が入るので、私が出張する間の予約は、アシスタントが全てのお客様に連絡し、スケジュールを組み立て直します。ですので、アシスタントは予めホームページにお知らせを載せておいてくれるのです、はは!思えば私がとても忙しいせいで、お客様を何日もお待たせし、ついに日本へ行く日がやってきました。しかし、私の心の中は逆に少しばかりの迷いがあったのです、続く
恐ろしい事情がまだこの後続きます。皆さん期待してお待ちくださいませ
........................................................................................................................................................................
《風水物語-和歌山お祓い1
今ままで沢山の友達やお客様が私に問われます。「先生、こんなに沢山の風水を鑑定されたのですか。もしや、ただならぬ事を経験されてこられたのではないか?」、と私はその通りだと伝えました。なぜなら命理風水の問題は、同時に第三の空間をも巻き込みます。それは特別な体質を持ってない普通の人は、まず見ることも聞くこともできません。この20年來、私は無数の風水を見てまいりました。家の配置以外にも、当然家自体の磁場や環境を見てまいりました。
なぜこんなにも家の環境を見るのか。単純な命理です。人はもとより部屋で過ごす時間がとても長いです。良い家の環境は、住む人に良い運気をもたらし、逆に悪い家の環境は厄をもたらします。
今日より私、経験した事を皆様に享受して頂きたいと思っております。一つお願いがあります。私は、皆さまに不思議な力を持つ人だとは思われたくないのです。
10年ほど前、私はお客様の招きに応じ、大阪と和歌山の方の家の風水を見に行きました。成行きは、お客様が命理館にいらっしゃった際、私が家の風水に問題があると申し上げました。お客様は尋常でなく驚かれました。その方の家には、明らかに風水に問題があり、そのせいで、弟様が重い精神病を患ってしまいました。
お客様はどの様に風水の問題を解決したらよいかと問われました。私はまず、家の平面図を送って頂きました。恐れていた通り、本当に煩わしい問題がありました。…続く。
一つ一つの話がとても長いので少しずつ皆さんにお話しようと思います。次の話をお待ち下さいませ。ご了承くださいませ。
........................................................................................................................................................................
最近は本当に忙しいです。取材を受けたり、お客様へのお仕事、様々な事への対応、日月命理館の新しいホームページ作成、それに投資するお店のことなどもあり、終わらないような仕事が山のようです。なんでいつも忙しくて終わらないことがあるのかしら?と考えます。
いつも思う事は、私は本当に頑張るよう天から命ぜられているのだと思います。ようやくこの二日間で、これらの仕事が一段落しそうなので、そしたら私は自分の心をちょっと落ち着かせて命理の文章を書きたいと思います。
またぜひ皆さんにシェアして下さい。
もし何日か経ってもまだ文章が書かれていなくても、どうかご了承ください!
ここにまた皆様が平穏で健康でありますことを祝福いたします!
........................................................................................................................................................................
みなさんこんにちは~母の日おめでとうございます。
今日は一人の母親の喜びを皆様にシェアしたいと思います。
その方は私のお客さんのお子さんで、生まれてすぐに、私のところに赤ちゃんを連れてこられて、そして私が名付け親をさせていただきました。名前を「王宣智」といいます。
現在6ヶ月で、皆さんから可愛がられています。
誰からも愛されるよく笑う子供です。
母親は私にその子の様子や子育てに関する気持ちをシェアしてくれます。
とっても可愛い母親でした。
しかし、特別なのはこの子とその姉がどちらも「ますかけ」なのです。
「ますかけ」は手相学からみて、とても特殊な例のひとつです。
機会があれば「ますかけ」について皆さんに紹介したいと思います。
皆様が母の日を平穏に暮らせますように祝福いたします。
#日月命理館
#面相、手相
#命理学
#風水
#良い母の日になりますように。
........................................................................................................................................................................
今日は全ての苦労しておられる母のための、偉大なる母の日です。
全ての母親の健康と幸せを願っております。
この2,3日で様々な方より祝福やプレゼントを頂き、大変感謝しております。
そして今日私は最愛の子供たちからもプレゼントを頂きました。
日よけ帽子と新しいタイプの体重計です。母として最高のプレゼントを頂いたと思っております。
子供たちに感謝するとともに、彼らの健康と幸せを願っております。
全ての母親の気持ちは同じです。一人一人の母親が自分の子供たちの幸せや健康を願っています。
子供の幸せだけを願い、望みすぎないのは、母が偉大であることそのものだと思います。
だからお子さんたちは今日こそは母親を想い、傍に寄り添い、親孝行をしてあげてください。
苦労していない母親はいません。そんな母親の苦労があってこそあなた達がいます。
皆さんが平穏に健康で幸せに暮らせますように。
よい母の日になりますように。
........................................................................................................................................................................
日は年を取ってから、初めてこんなにたくさんの人に母の日のプレゼントをもらいました。本当に身に余る光栄で驚いて、感動です!感動ですよ
14年前のことをいまもまだ覚えているのですが、マッサージが好きで、台北市台北市通化街64號でもっとも早くにできた「宮廷足體養身館」に行ったところ、偶然お客から投資する側の人間になる機会がありました。道沿いから館内のマッサージの先生を伺うと、深い感情が養われていて、以来ずっとこんなにも可愛いマッサージの先生の姿に心動かされています。みんな苦労して仕事しているだけでなく、彼らが稼いだものは全て労力がお金になったものなので、知らず知らずのうちに感服していました。
一昨年、前の株主が私たちの株を他の人に売却してしまったため、一年前までずっと、彼女は私たちのところに株主を引き継いでほしいと頼みに来ていました。もともと二度と投資したくないと考えていたのですが、可愛いマッサージの先生たちのことを考えて、私たちはまた投資しました。本当にこのマッサージの先生たちを放っておくことはできません。執行役員になってから、ここ数カ月、私はずっと「宮廷」の環境や風水を改善するために努力し、なんとかやっとのことでなし遂げることが出来ました。「宮廷」の内から外まで全部を変えて、全てのマッサージの先生を団結させたところ、みんなもまた私の努力と尽力に感化され、私と同じように変わりました。まるで普通の家族のようになり、私たちの関係は更によくなりました。
今日は特別な日で、彼らはお金を集めてこんなにもきれいなカーネーションとケーキをプレゼントしてくれました。本当に感動して感動しました。なぜなら、彼らがマッサージで苦労して稼いだ200元、300元は、たやすく手に入る報酬ではないからです。私にとっては本当に忍び難く、申し訳ないとも思ったのですが、それ以上に皆さんの応援に感謝しています。今日は感謝の気持ちを表すだけでなく、皆さんの頑張りに答えるために、私も本当に更に努力しようと思いました。
お友達の皆さんも機会があれば、是非私の「宮廷足體養身館」を訪ねてみてください。私の可愛くてずば抜けた技術を持っているマッサージの先生たちがサービスいたします。今日、ここに母の日を祝福いたします!健康でありますように!私たちの可愛いマッサージの先生たちが更に健康であることを祈ります!幸せで楽しく過ごせますように!毎日仕事がいっぱいありますように!
*前の「宮廷」と今の「宮廷」では、何がちがうのでしょうか?皆さんも是非見てみてください。
........................................................................................................................................................................
みなさんおはようございます!
偉大なお母さんのための「母の日」がやってきます!ここにお祝いをいたし
ます!
日本語の感動的な歌「感謝状~母へのメッセージ」で世の中のお母さんたち
にお祝いの心を送ります。母の日おめでとうございます!お体を健康になさ
ってください!
感動的な日本語の歌は、私たちが感謝の念を持つ偉大な
お母さん「母の日」の歌です。
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Aae-qjQE9Vs
字幕画面をぜひご覧ください。
https://youtu.be/Aae-qjQE9Vs
........................................................................................................................................................................
日本雑誌掲載記事
これは今月出版された、私のインタビュー記事です。とても嬉しいです!皆さんに気に入っていただけると幸いです!また今後とも引き続きご支援、ご愛顧をよろしくお願いいたします!
 
........................................................................................................................................................................
《風水家運の低迷 4
つづき
前回よりお話していたこの二人の親子ですが、親戚の人たちから自分たちの家の構造を変えられてから、親戚たちの環境がどんどんよくなり、この二人の親子は逆に家族を失い、生活の拠り所をも失ってしまったのでした。また、二人とも相次いで車の事故に遭い、体の状態もますます悪くなっていて、体を動かすことさえままなりません。このことを目の当たりにして、心がどうにも穏やかではいられません。自分たちの利益のために人の命運を壊してしまうなんて、正直に言って天がそんなことを許したりしません。将来きっと因果応報の結果が待っているはずです。
「風水」!この二文字は容易そうに見えても、それを行うことはそんなに簡単ではありません。「風水」!陽宅(人が住んでいる家)であろうが、陰宅(往生した者の安息の場所)であろうが、どちらも運を助けたり、逆に運を悪くすることもできるのです。人によっては風水の原理をよく知っているつもりでも、どの様にして処理すればいいのかはわかりません。そして往々にして、うまくやろうとして逆に失敗してしまいます。でも、今回のこの様な風水の構造は、経験のある人ならば、一目でどういうことかが分かるはずです。ここで悪事ばかり働く人たちに、心からアドバイスしたいと思います。「人の行いを、天の神様はちゃんと見ている」とはよく言ったものです。この文章は、私の実際の経験から 書いたものです。皆さんよろしかったらシェアして下さいね。この親子が平安で順調で、健康でありますように、心からお祈りいたします。どうぞ皆様も平安で健康でありますように!
........................................................................................................................................................................
《風水-家運の低迷-3
前回の続きです。
前の文にも書いたこの女性の家は、入り口に入るとすぐに神様達と祖先の位牌が置かれているの神棚が見えました。
次に彼女たちの部屋に入ると、長い間誰も掃除も整頓もしていませんし、彼女たちは木のつり棚の板と小さな部屋の木の板のベッドで寝ていて、
ベッドの上も物でいっぱい散らかっていました。
この状況を見ると同時に、本当に心が痛みます。
心の中で思ったのは、どうやって彼女たち親子を助けてあげられるか?ということです。自分自身がすでにとても幸せだと思いました。
考えながら部屋の造りを見て回りました。一般的に私は風水を見るは、前のドアから後ろのドアまで見て、
外の環境を見ます。なぜなら、あらゆる環境がとても重要だからです。絶対に欠かしてはいけないことは、この家に入る前に、
もともと入り口の右側に階段があったのに、後ろにあるキッチンに移動されたのはいつからかわからない?とのこと。
聞くところによると、彼女たちの親戚が移してくれたそうです。これを見て、私は冷や汗が出ました。なぜでしょう?
なぜなら、あらゆる災難の根源は、すべてここから始まっているのです。
この家の前のドアは、もともと一つの大きなドアと小さなドアがありました。大きなドアは直接リビングまで行けます。
小さいドアは二階に上がるため階段を使います。当初二階には母方の伯父が住んでいました。体が丈夫でなかったこともあり、
親戚は自分たちで階段を勝手に取り去りました。本当はこの階段の向きを変え、この小さなドアを封じたら良いのに、
後ろのキッチンのコンロの上に階段を持っていったから、あらゆる災難が次々と発生し、一家が離れ離れになって肉親を失うのです。
このような言い方はまったく過言ではありません。実際彼女たちの親戚は以前から裏切りのような心がありました。
彼女たち親子が知らなかっただけで、私も指摘しづらかったのです。
ただ本当に心の中でとても恐怖を感じ、利己主義のために人を傷つけるのを見て、これにはぞっとしました!
つづく…
........................................................................................................................................................................
《風水 – 家運の低迷 2 》
前回の文章の続きです…
前回、女性の家に風水を見に出発しようとしたところ、急に疲労感に襲われて家を出られなくなったところまでお話しました。
私は、目に見えない者たちに道を塞がれているように感じました。彼らは私に彼女の家の風水を見られたくなかったのです。その状況は私にもよくわかります。ですが、あの可哀相なあの女性とその母親を救うためにも、私は行かなくてはなりませんでした。
アシスタントに、彼女と連絡を取ってもらい、約束の時間を遅らせて少し休むことにしました。彼女の家は少々遠く、もともと午前11時に彼女の家に行く予定でしたが、自分の体力を調整した後、午後3時半になってやっと家に着きました。家を出る前、これから私が風水を見に行くところに、神様の助けがありますようにと、神様たちに祈りを捧げました…。
二度目の約束の時間に女性の家に到着してみると、当時外は雨が降っていてとても寒く、彼女の家ߏ は、あの時私の脳裏に浮かんだ家とまったく同じで、本当に陰気が強く古びてぼろぼろでした。私たちが家に着いた時、その可哀相な女性は動けないので、彼女の母親にドアを開けてもらったのですが、彼女の母親も足が悪く、ゆっくりとしか動けないようでした。家に入ってみると、状況は想像していたよりも更にひどく、胸が痛むようでした!彼女たちの状況を見て、私は心の中で本当に辛く感じ、しっかりと助けてやらなければならないと強く感じました。もし私が彼女たちを手助けしなければ、彼女たちのこれからの運命は一体どうなってしまうことか本当にわかりません。私は、私に彼女たちを手 助けできる能力があることを神様に大変感謝しました…。
彼女たちの家に入ってまず最初に目に着いたのは、神様と彼女の先祖が祀られている神棚でした。そこには5体の神様が祀られていましたが、そのすべてにもう神様は宿っておらず、あるのは神像の形だけで、それどころか、陰気に入り込まれていました。そのせいで家運も悪く、また彼女の祖先の場所には苗字の異なる二つの位牌が並んでいて、家の中には多くの霊がいたのです。それに加えて彼女たちはあまり動けないため、家の中の環境も物が散らかり、また汚れ、見る者を本当に悲しくさせる程でした。もともとこの家庭では彼女が掃除をしていたのですが、3、4年前に事故に遭ってからというもの、誰も掃除していないのです。母親も足が痛いために掃除をすることもできませんでした。この家庭 が抱える問題がどんなに深刻なものか、皆さんも分かったでしょうか…?つづく
........................................................................................................................................................................
《風水家運の低迷 1
この二日間、一人の女性から依頼を受け、息子の智鴻と一緒に彼女の家の風水を見に行って参りました。命理風水の仕事に21年もの間従事していますが、こんなに胸が痛むような場所は初めてでした。今日はそのわけを皆さんにお話しようと思い、特別に文章を書いてシェアします。
数日前、アシスタントが一本の電話を取りました。風水を見て欲しいというそのお客様は、今のその方の状況をアシスタントに少しお話しました。当時私はちょうど風水の仕事をしていて不在でしたので、オフィスに帰ってから聞いたのです。そして私から彼女に電話を掛け直し、彼女の状況についてお話を聞きました。お話をしていくうちに、私の脳裏には彼女の家の様子が浮かび上がりました。彼女の話を聞き終えた私は、迷うことなく彼女の依頼を受けることに決めました。その女性は何度も謝礼はどうしたら良いかと尋ねました。私も、風水の費用の件はまったく話しておらず、お気持ち程度で良いですよとだけお答えしました。なぜなら、彼女の境遇は良くないと私の直感が私に伝え、またアシスタ ントも彼女は恐らく高額な費用は払えないと私に言っていたからです。私は、アシスタントとこの女性に、費用のことは心配しなくてもよいと伝え、すぐに彼女の家を訪れる日にちを決めました.....
彼女とお話をしている時、彼女がどうやって私を探し出したのか不思議に思い、尋ねてみました。彼女は中華電信の「1288」で調べたと教えてくれました。彼女の携帯はネットで調べることが出来ないので、電話を掛けて調べたのだそうです。私のような歳のいった人間はこの年齢にして初めて「1288」で電話番号を調べられるという事を知りました。昔から、104105で電話番号を調べられることは知っていましたが、「1288」でも調べられるんですね、ハハハ!私は時代に後れを取っていますね、歳を取りました!
それはそうと、ついにその女性と約束をした日にちが訪れ、私は息子に車で送ってくれるように頼みました。しかしその日、出かける直前になって、私は急にひどい疲労感に襲われました家からまったく出たくないのです。私は、この時初めてお客様と約束した時間を先延ばしにしました。なぜこのようなことになったのか、私には分かっていました。興味深い内容のお話はこの後に続きます。皆さん、続き期待くださいねつづく
........................................................................................................................................................................
《魚描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f8a/1/16/1f420.pngに「収驚(驚いた時にその不安を鎮める)」》 
今日、可笑しいことがあったのを突然思い出し、皆さんにシェアしたいと思いました!笑って描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.png描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.png描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.png頂けたら幸いです! 
皆さんもきっと聞いたことがあると思いますが、びっくりした時など、その不安を鎮め平安を願うために、廟で「収驚」というお祈りをしてもらうことをことがあると思います。ですが、熱帯魚描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f8a/1/16/1f420.pngのような小さな生き物も「収驚」を必要とするとは、皆さんも思いもよらないことと思います!
さて、我が家では描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f8a/1/16/1f420.png水槽があり、そこで私たちの大事な熱帯魚、特に私の主人が心から可愛がっている魚たちが泳いでいます。その日の朝、主人がいつものように大事な魚たちにごはんをあげに行くと、いったい何があったのか、魚たちは主人の姿を見るなり突然物陰に隠れてしまい、その様子に主人はとても心を痛めました!可愛い主人は私に「大事な魚たちは、恐らく何かにびっくりしたのかもしれない、「収驚」した方がいいんじゃないだろうか?」と言いました。私たちはこの言葉を聞いて、とても可笑しくて大笑い描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.png描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.png描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/fd2/1/16/1f604.pngしました!しかし、考えてみるとその通りかもしれません。そして、私は魚たちのために、私のこのちょっとした特技を利用して、「収驚」のお浄めのためのお札の水を水槽へ 少し注ぎ、魚たちに飲ませました。するとなんと、23分もすると魚たちはだんだん活発になってきたのです。私たちの「収驚」のお浄めの水の効果は、なかなか良いではありませんか描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/ffc/1/16/1f44d.png?私は主人がこんなにも機転が利くことにも今まで気づきませんでした。魚たち描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/f8a/1/16/1f420.pngにも「収驚」が必要だということを知っていたのですから。笑って頂けたら、私の主人のことも是非褒めて描述: https://static.xx.fbcdn.net/images/emoji.php/v9/ffc/1/16/1f44d.pngくださいね!皆さんも、私の主人はとっても可愛いと思いませんか?
........................................................................................................................................................................
皆さんこんにちは:
清明節はこの前過ぎたばかりですが、友人から送られてきた笑い話を見て、皆さんにもその清明節での笑い話をシェアしたいと思いました。皆さんにも笑って頂けたら幸いです!
叔父さんがお墓参りに行きました。そして感心しながら、「最近の金紙は本物そっくりにできているなぁ、燃やす時に何となく少し心が痛む」としばらく苦笑した後、妻が電話をしてきてこう言いました。「お墓参りには行ったの?どうしてテーブルの上の金紙を持って行かなかったの?あと、さっき私が下ろしてきたばかりの6万元どこに行ったか知ってる?」叔父さんはそれを聞き終えると、驚きのあまり泣き崩れました。そばを通りかかった人は「なんて親孝行なんだろう!お墓参りでこんなに大泣きする人は今どき珍しい」と、口々に褒めました。その夜、夢の中におじいさんが現れてこう言いました。「孫よ、なんてことをしてくれたんだ。お前のせいで私はあの世の警察に捕まっ てしまったよ、偽札を使ったと言われてな」......
........................................................................................................................................................................
皆さんお早うございます!
毎日この八つのことをすれば、
日々がより良くなっていきますよ!
1、微笑む:佇まいがより良くなっていきます。
2、適応する:境遇がより良くなっていきます。
3、理解する:知己がより増えていきます。
4、許容する:生活がより美しくなっていきます。
5、賞賛する:人間関係がより広くなっていきます。
6、遠慮する:度量がより深くなっていきます。
7、善良する:世界がより浄化されていきます。
8、感謝する:幸せがより多くなっていきます。
........................................................................................................................................................................
《清明節》
皆様、おはようございます!今日は私たちの一年に一度の重要な祭日である「清明節」であります。皆様、お墓参りに出掛けられる時は車など安全に気をつけてください!皆様が平安で順調でありますよう、お祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《桜の写真》
皆さんお早うございます!ここ二日、ご懇意にさせて頂いている張さんご夫妻のお誘いを受けて、宜蘭県にある礁溪ロイヤルホテルで休暇を過ごしました。張さんご夫妻にはとても感謝しております。週末をここで過ごして、心をリラックスできます。ここ一年ほど、体調の関係で日本には出張していませんでした。日本でのお友達にお目にかかれず、桜の花を見ることもできずに、とても残念です。でも最近たくさんの日本のお友達からとてもきれいな桜の花の写真を送って頂きました。皆さんどうも有難うございます!せっかくですから、ここでそのお写真を皆さんにシェアいたしますね。皆さんに気に入っていただけますように!
........................................................................................................................................................................
《功徳5》
これらの古本は、ある古本屋を開いているおじいさんを助けるために、売れ残った廃棄処分の本を、全部買い取ったものです。おじいさんは本を捨てるに捨てられず、かといって買ってくれる人もいなくて、毎日あちこちに本を運んで、おじいさんはへとへとに疲れ、体を壊していました。ところが、それらの本が、私たちの5人の命を救ってくれたのです。
人の一生とは、時に何が起こるかわかりません。合理的な説明ができないし、或いは、これが私たちの言う《神》なのでしょうか。
人が何かを計算ずくめで物事をしようとしても、時には上手く行かなかったり、失敗したりするのは、神の計算があるというのを忘れているからなのでしょう。
自分の人生をここまで歩いてきて気付かされるのは、人というのはなんて小さな存在なんだということです。人は絶対に自己満足に陥ってはいけないし、自信があり過ぎてもいけない。自我が強すぎてもいけない。《人は神のことが見えないが、神は人の事を知り尽くしている》といいます。ならば、人は偉そうになんかしていられません。(南懷瑾教授推薦の言葉)
~~~~~~~~~~~~~~
この文を読んでとても考えさせられました…全ての人が完全な形でこの世に生きていられるのも、天が授けてくれた福のおかげです。また、どの人にも自分だけの天使がいることを強く信じています。生きているということは、修行をしているのと同じことです。常にプラスのエネルギーを積んでいくのです。正と邪はほんの一念の差、人を助けることは楽しいことです。見返りを求めないことです。人生で一番大きな修行は『智慧』です。そして最も大きな智慧とは『慈悲』です。
《親しい人にシェアして下さいね、人を助けることは自分を助けることです!》
........................................................................................................................................................................
功徳-4
つづき
周りで見ていた群衆が先を争って記者に言いました:「先ほど三階の部分が煙の中で消えてしまったみたいです。しかもそこに白い服を着た人がいて、空中で水を撒き、火を押しのけていました!」お隣さんもやってきました。この人は同じ三階で隣続きです。しかもその人の家には大型のガスボンベが三つあって、火事の時にガスボンベが溶けて大きな鉄のボールのようになりました。でもなぜか爆発はしていません。もしも爆発していたら、うちの四人の子供と会社の女性は、今頃粉々になっていた事でしょう!それを聞いてからは、私は背筋が寒くなり、全身冷や汗が出ました。まさに間一髪でした!
一カ月が忙しく過ぎ、新しい家に引っ越しを済ませて、9月の新学期になりました。子供たちのピアノの教材を買う為に、私たちは一緒に衡陽路の本屋に行きました。交通銀行の廊下を通る時、突然またあの占いのおじいさんが出現しました。すぐに両手を大きく広げて、子供たちを抱きしめて放しません。そして驚いて興奮しながらこう言いました。「あなたたちは生きてたんだね?あなたたちは何ともなかったんだね?」
おじいさんは、今回ははっきりと包み隠さず私に言いました。「あなたの命運には子供は一人もいない!この夏、子供たちは皆大きな火事で死んでしまう!」以前私の四人の子供を見た時は、こんな善良で慈悲の心を持つ子供たちがひどい目に合うことが悲しくて、天の神様はなんて心無いのだと、私たちがその場を去った後もおじいさんは涙を流し、あまりの悲しさにその日は店をたたんで家に帰ってしまったそうです。おじいさんは私の子供たちが死んでしまうのをとても惜しんでたのですが、助けたくても何もできず、占いの長い経験から、「閻魔大王が死に時を決めたら、誰もそれを変えることはできない」ということを知っていたからです。おじいさんは言いました。「 人の命を長く伸ばすことなんて、私には到底できない!」おじいさんは恥ずかしそうに、また自責の念に駆られた様子でした。
私はそばにいた子供たちに、これからはこの身寄りのいないおじいさんを、自分たちの本当のお祖父ちゃんのように呼び、接するようにと言いました。おじいさんはこんなにも子供たちを可愛がってくれ、子供たちのために涙まで流してくれました。もしかしたら、その涙が子供たちを守り、大難から逃れ、生きながらえたのかもしれません。
この年、私の一番上の子は小学校をまだ卒業していなくて、一番下の子はまだ幼稚園にも行ってませんでした。二男二女の四人の子供たちです。
また、床には古本がたくさん山積みになっているがまだ整理されておらず、子供たちも本当にうんざりしています。通るに通れず、邪魔で仕方ありません。本当にどうしたらいいんでしょう!
つづく
........................................................................................................................................................................
功徳
つつき
夏休みが来て、子供たちは家で過ごし、私の方は会社で忙しくしていたので、子供たちをどこにも連れて行けないでいました。会社のある女性に頼んで、家で子供たちの面倒と宿題などを見てもらっていました。
ある日会社で会議があったのですが、外側の応接室からかすかにテレビのニュースが流れているのが聞こえました。台北市の仁愛路に大火事があり、すごい勢いの火だと言っていました。
会議は私が受け持っていたので、詳しいことは聞こえませんでした、でも仁愛路には我が家があるので、4時半に会議が終わるとすぐさま同僚にお願いして、車で火災の現場に連れて行ってもらいました。
次の瞬間、運転していた同僚が私を起こしてくれました。多分疲れが溜まっていたのでしょう、車に揺られているうちに、私は眠ってしまったのでした。
目を開けたとたん、飛び込んできた光景を見て、「わっ!」と叫んでしまいました。「これは私の家じゃない。こんなひどい焼け方をして!」私は火の勢いが収まったかどうかなど構わず、三階の我が家まで駆け上ろうとしました。でもすぐに消防員と警察官につかまってしまいました!「私の子供たちは?私の子供たちは?」声を張り上げて泣き、私は上へ駆け上ろうともがきました。
現場は高温だったので、消防員はホースで水を放出して小さな防火通路を作ってくれ、その場の三人の人を呼んで私を三階まで護送してくれました。我が家の玄関の鉄の扉は、火事の高温で熱くて触れません。しかも膨張してしまって、開けるに開けられませんでした。消防員は大きな斧を振り上げて、鉄扉をたたき破ってけり倒してくれました。ようやく私たちはこわごわと身を摺り寄せるように、すばやく中に入りました。
家の中はどこも高温で濃い煙に包まれていました。熱いし、息ができないし、何も見えません。泣きながら、私は声を張り上げました。子供たちの名前を、一人ずつ呼びました。でも四人の子供たちの声は全く聞こえませんでした!
ここにきて、もう私は恐怖で両足が立てませんでした。気を失いそうになり、頭がおかしくなりそうでした。もう、本当に駄目だと思いました!
突然、消防員が人の体を踏んでしまったようだ、と言いました。なんと、うちの四人の子供たちはお互いに抱き合って1つになって、買って来たばかりの古本の山に倒れこんでいました。会社の女性は、もう一つの古本の山にやはり倒れていました。
消防員と警察と私は、急いで子供たちと会社の女性をしょって階下に降りて、病院に急送しました。幸いにも、窒息の状態はそんなに重くはありませんでした。緊急治療を行って、その日の晩には病院で徐々に意識を取り戻しました。
消防員が言うには、床がこんなにも焼けて高温になっていたので、もしも窒息して直接床に倒れてでもいたら、きっと焼け焦げて一人も生存できなかっただろうとのことでした!そして、消防員が最後に言ったのが、「あなた方ご一家はきっと道徳が良いのですね」でした。
この大火事が収まってから、我が家の隣近所の家々は全焼し、だれ一人生き残らなかったと聞きます。私たちが住むこの棟も、一階から二階、そして最上階まで全焼でしたが、我が家のある三階だけはなんと予想外に火事の被害から免れました。
消防員は「三階のあなたたちの家の外は煙が立ちこめ、消火水をかけようとしましたが、まるで家が消えたように見えませんでしたので、あなたたちの家の中は一滴も濡れることなく無事でした。」と言いました。
隣近所が火の海に覆われ、私たちの家の壁が高温になり本棚の鋼鉄が熱で曲がってしまいました。何万本の本も煙をあげはじめましたが、一冊も燃えませんでした。
消防員が言いました。「本当に奇跡的だ!こんなことがあるなんて。」
何万冊とある本がもし全部焼けてしまっていたら、うちの四人の子供たちは生きのこれたでしょうか?我が家は本だらけですが、それはとても燃えやすいはずなのですが。
続く
........................................................................................................................................................................
《功徳-2
つづき...
子供たちが老人に別れを告げましたが、彼はただうなだれたまま重々しく手を振るだけでした。その様子は、一言も言えないほど辛くとても悲しそうだったのですが、私たちにはそれがなぜなのかは全くわかりませんでした。
その後新公園のそばを通りかかると、門のところに人だかりができていました。好奇心旺盛な子供たちは、人の壁を縫ってどんどん前へと進んでいきましたが、わずかの間をおいて走って戻ってくると、私も行くようにと引っ張るのです。私は人の多い所は行きたくなかったのですが、子供たちに強く言われるがまま、私はそれがいったい何なのか見に行くことにしました。
それは、一人の中年の女性が地面にひざまずいており、子供が大きな事故に遭って、近くの台大病院で手当てを受けているのだが、今すぐに莫大な治療費が必要なため、周囲の人々に助けを求めていたのです。私の大事な子供たちはまたもそこから動かず、私に手助けするように言うのです。そして、ひざまづいているその女性に向かって、「立ってください、お母さんが来ました。きっとあなたを助けてくれます!」と言い、子供たちで協力して女性を起こしました。
私は手持ちのお金を全て渡しただけでなく、近くの会社のお客さんのところで大金を融通してもらい、女性に付き添って台大病院へ行き、足りなかった分の医療費を払いました。するとやって子供たちは私から離れてくれ、「お母さんありがとう!もう頼み事は言わないから、家に帰ろう!」と言いました。
1か月後、私たちの家の前に突然、たくさんのアリが現れました。列を作ったアリは家に向かっており、家の壁や地面を覆うほどでした。私は彼らを踏んでしまわないように、踏み台を十数個買ってくると、それを並べてアリが安全に歩けるようにし、また砂糖と食べ物を準備し、少しの水をかけてやり、この行列を組んだアリたちをもてなしました。
子供たちはこんなに多くのアリがびっしりと部屋を覆いつくしているのを見てとても怖がっていましたが、しかし私の言うことを聞いて、彼らを傷つけないよう、また邪魔をしないように過ごしました。子供たちは「家に来たものは皆お客様」というもてなしの心をよく理解したようでした。
アリたちはこのように、部屋の各所を訪れていましたが、数日後にはだんだんといなくなりました。
つづく…
........................................................................................................................................................................
《功徳-1
今日、南懷瑾教授が推薦する文章を読みました。文章の内容は大変道理的で、「人の行いを、天の神様はちゃんと見ている」という道理と合っていました。文章は大変長いので、五回に分けて皆様とシェアさせていただき、皆様と縁を結びたいと思うと共に、皆様が平安で順調で、そして健康でありますよう、お祈り申し上げます。
 
天の神様は見ているのでしょうか?
南懷瑾教授 推薦 奇文共賞
1981年6月初旬、天気はたいへん蒸し暑く、我が家の四人の子供たちは外に出掛けたがっていて、ちょうど私も衡陽路の本屋さんに行って、新しい手編みの本を探したかったところでした。
私たちが台北市衡陽路にある交通銀行前を通った時、道端の占い露店から突然一人の老人が出てきて、私たちに占いをするべきだと言いましたが、私は頭や手を振って、老人に何度も断りました。その老人は急に大変がっかりした様子で、何か言えないことがあるように見えました。
私の一番上の娘はそんな様子に我慢できなくなり私の手を引っ張って、「お母さん、おじいさんに占いをしてもらえば?おじいさんにお金を稼がせてあげましょう。このおじいさんが可哀そうよ!」と言いました。
私は元々占いが好きではなく、道端の江湖術士には好感が持てませんでしたが、子供たちの情け深く善良な心に負け、しないわけにはいかず、子供たちに引っ張られて占い露店に行きました。
老人は私の顔をよく見てから、私の両手、続いて四人の子供たちの顔と両手を見て、少し命理について話した後、突然大きなため息をつき「見る必要はない。お金は要らない!すべては運命が決まっていて、人に左右されない」と言いました。
子供たちは申し訳ない気持ちになり、私に占いの老人にお金を渡すように堅持しました。私は財布から3000元を出し、両手で恭しく報酬を渡そうとしましたが、老人は私より堅持で、絶対にお金は受け取りませんでした。そんなやり取りをしていると、子供たちが急に泣き出しました。
最後に子供たちといっしょに老人にお願いして、これは占いのお金ではなく、子供たちの心ばかりの気持ちだと伝えました。
占いの老人はやっとお金を受け取ってくれましたが、急に泣き始めました。それに、大変悲しそうに泣き、涙を流し、目を赤くしながら子供たちの頭を撫でて、独り言を言いました。「あ~、天の神様はちゃんと見ているのでしょうか!天の神様は本当に見ていないのでしょうか!」
続く---
........................................................................................................................................................................
《友人が遠方から来てくれました》
昨日は本当に楽しかったです!
ある友人が遠方から来てくれたからです。
朝から始まった私の友人は、私のお客様でもあり、彼女ははるばるシンガポールから私を訪ねてくれました。彼女はシンガポールの多国籍レストラングループの支配人であり、これが私たちの二度目の対面です。私たちは本当に初対面なのに古くからの知り合いのように意気投合し、朝私たちも楽しくお話をしました。彼女が私のもとを出ていく前、もう一組遠くアメリカから友達であるTina夫妻(彼女たちはアメリカに移住しています)が来ていました。当然彼女も私の仕事を通じて知り合ったお客様でご縁があって知り合いになったのです。人生というものを考えてみると、ご縁があれば一緒に結ばれるもので、お友達およびお客様の皆さんがよく過ごされているのを見かけるのは、これは私の願いでもあり、この仕事をする上でも意義があることです。私の友人たちはプレゼントを持ってきてくれて、私は本当に心から彼女たちに感謝しています。
 
ここ20年以来たくさんのお客様を鑑定してきましたが、生まれてこのかた初めて一日のうちに、四つの国からきたお客様にお会いしました。昨日はシンガポール、アメリカ、日本、および私たち台湾のお客様で、自己記録を打ち破り、私の世界の衆生を渡るという目標を達成しました。自分の20年間を思い出すと、すでにアメリカ、日本、ドイツ、韓国、大陸、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアなど、…無数の国のお客様とお会いしましたが、これからもさらに多くの方をお助けする機会があるよう願っています。自分の念願を叶えるだけでなく、皆さんに私の助けがあることを願っています。さらに幸せで円満で楽しく過ごすことができます!ここに皆さんの平穏無事と順調、健康、ビジネス成功、金運の上昇をお祈り申し上げます!
........................................................................................................................................................................
《国際女性デー》
世界中の女性の方たちといっしょに国際女性デーをお祝いしたいと思います。そして、皆様が平安で穏やかで、ご健康でありますように。
........................................................................................................................................................................
ハッピーランタンフェスティバル!
ここで、皆様の平安と無事、健康をお祈り申し上げます!
金運が上昇しますように!
今日も三官大帝様の中の天官大帝様のお誕生日であり、
皆様は天官大帝様に幸福をいただくように!
健康で事業が順調になりますように!
金運は順調にいきますよう、お祈りましょう。
........................................................................................................................................................................
宴席》
今年の旧正月は、主人と二人で八日間ずっと美味しい物を食べ続けています。一日目から七日目までは家族と一緒にずっと食べていましたので、やはり胃腸が少しもたれてきました。でもまだ自分でちゃんとコントロールしていたので良かったです。さもなければ、また以前の体格に戻ってしまった事でしょう。ハハハ!
昨晩は仲良しのお友達から誘われて、その方のご子息の婚礼に出席しました。100以上のテーブルが並べられ、大勢のお客様が集まっていました。とても賑やかで、その友達にとって本当によかったと思いました。第一に、お嫁さんを娶ることが出来たことと、第二にその友達が本当に良いご縁がある方だと思ったことです。だからこんなにも、遠方からわざわざ息子さんの結婚式に出席しに来た人たちがいるんですね。ここで私からの祝福を申し上げます!新郎新婦はどうぞ末永く夫婦仲良く過ごせますように!お互いの愛情が末永く続きますように!子宝に恵まれますように!
........................................................................................................................................................................
今日、旧暦の正月初九日は天公様(玉皇大帝様)のお誕生日であり、私たち台湾人の大切な祝日でもあります。多くのお友達が今日の夜中から参拝の準備をし、天公様のご加護をお祈り申し上げると信じておりますが、多くのお友達は天公様への参拝をするのに必要な供え物について詳しくないかもしれませんので、以下、皆さんと供え物についてシェアしたいと思います。準備するものは…
生花一対(二束)
果物五種類(パイナップル、リンゴ、ナシ、柑橘類、およびナツメあるいはその他の果物)、寿桃、素麺、紅圓(赤いお饅頭)、發粿(蒸しケーキ)および湯圓(紅白のお団子)、ならびに麻粩(お餅)
天公金、大百寿金、寿金、刈金および福金
これで完成です。親愛なるお友達の皆様、もし何か願い事があれば天公様にお祈り申し上げると良いですよ!皆様の心が満たされることを願っています。また、皆さんの新年が良いものであることをお祈り申し上げます。新しい一年がどうか平穏無事で順調、かつ健康でありますように!金運が上昇しますように!戌年は良い運気が上がりますように。
........................................................................................................................................................................
《2018年あけましておめでとうございます》

親愛なるご友人の皆様、新年あけましておめでとうございます。からまた新しい年が始まります。2018年の年明けと共にすべてが新しい状況へと変わります。経済面や生活面に限らず、過去の理不尽なことも全て風のように吹き飛ばしてくれるように、未来の全ての災いが吉事に変わるような一年になるように、身体の健康に限らず、仕事面、恋愛面で皆さまが平和で順調に物事が運ぶようにと願っております。例え人生の道のりで困難に出くわしても恐れる必要は無く、顔を上げて胸を張って前に向かって進めばいいのです。目の前にはおのずと希望の光が見えてきます。皆さんが努力して、勇気を持ち、積極的に立ち向かえば、あらゆる困難が自然と解決していくでしょう。この場をお借りして、日月命理館も皆さまの新しい一年をお祝いさせていただきます。万事如意になりますように。

........................................................................................................................................................................
201812支の運勢》
もうすぐ新しい一年が、また到来します。日月命理館では十二支の各干支の総合運勢を皆様にシェアしたいと思います。
 
《子;
2018年は干支が子;の人は、天狗がございます。また弔客星に入るため、盗難、散財、災い等に注意する必要があります。また、身内に不幸や事故、悪いことが起こりやすいので、葬儀等にはなるべく参加しない方がよいですが、やむを得ず必要がある場合は仕方ありません。交通事故にはくれぐれも注意してください。
2018年は干支が子;の人は、134812月は運勢がよい月です。
2018年は干支が子;の人は、2679月は運勢が悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が子;の人の運勢はよくありませんので、何事にも注意が必要です。
 
《丑;
2018年は干支が丑;の人は、幸運が訪れるため、家に平穏で幸運があるでしょう。仕事でも名をあげ収入も増えるでしょう。しかし、口災の星がありますので、家の中や職場での人間関係に注意が必要です。他人事には口をはさまないようにしましょう。災いを招かないためにも、慎重に言葉を発するようにしましょう。
2018年は干支が丑;の人は、248911月は運勢がよい月です。
2018年は干支が丑;の人は、135671011月は運勢が悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が丑;の人は、吉の中にも凶があるという運ですので、色々な事に首をつっこまないで、慎重に行動しましょう。
 
《寅;
2018年は干支が寅;の人は、白虎星に入るため、手術、怪我、事故、病気、外傷、不幸、訴訟による散財、友達の裏切り等の災いを防ぐ必要があります。また今年は三合星に入りますので、凶が吉に転じる運気でもあります。 
2018年は干支が寅;の人は、69101112月は運勢がよい月です。
2018年は干支が寅;の人は、234578月は運勢が悪い月ですので、注意してください。
2018年は干支が寅;の人にとって、吉の中にも凶がある運気ですので、神社廟などへ足を運んでお参りするとよいでしょう。11/9
 
《卯;
2018年は干支が卯;の人は、紫微及び龍徳星に入るため、財、喜六合が舞い込み、運気にも大いに恵まれるでしょう。しかし、天厄と天煞星があるため、得意になっていると思わぬ失敗を招いてしまいます。謙虚を心がけることで災い転じて福となすことができるでしょう。また、健康には十分に注意しましょう。
2018年は干支が卯;の人は、23781011月は運勢がよい月です。
2018年は干支が卯;の人は、1456912月は運勢が悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が卯;の人にとって、運気も順調な年でしょう。しかし健康には気を付け、謙虚に、また保守に行動しましょう。
 
《辰;
2018年は干支が辰;の人は、太歲星及び大耗星に入るため、何事も冷静を保って行動し、衝動的な行動を控えましょう。交通安全や、病気にはくれぐれも注意してください。また、お金や財産に関しても更に注意が必要です。今年は保証人になったり、金の貸し借り、共同経営、投資などは避け、何事にも慎重に行動しましょう。
2018年は干支が辰;の人は、27891112月は運勢がよい月です。
2018年は干支が辰;の人は、1345610月は運勢が悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が辰;の人にとって、あまり良くない年となるでしょう。
廟で太歳灯(厄年灯)、また光明灯を灯して平安を祈願し、普段からよくお参りするように心がけるとよいでしょう。
 
《巳;
2018年は干支が巳;の人は、逢紅鸞星が動き、小耗星及び凶星に入るため、感情の動きが大変強くなります。結婚などの縁もやって来るので、しっかりチャンスを掴みましょう。その一方で、悪意ある人に足を引っ張られたり、訴訟問題による散財にも気を付けなければなりません。また、お見舞いはなるべくさけ、平安無事を祈願しましょう。
2018年は干支が巳;年の人は、134591012月は運勢がよい月です。
2018年は干支が巳;の人は、267811月は運勢が悪い月ですので、慎重に過ごさなければなりません。
2018年は干支が巳;の人にとって、吉星の影響が強くなるとはいえ、悪意ある人の企みに注意し、慎重に過ごすことであなたを助けてくれる人が現れるでしょう。
 
《午;
2018年は干支が午;の人は、三合星に逢うので財源が豊かになります。但し官符星と凶星に入るため、訴訟、投獄、散財などには注意してください。交友関係にも十分注意が必要です。官符星は予防すべきです。
2018年は干支が午;の人は、2347891011月が運勢の良い月となります。
2018年は干支が午;の人は、15612月、は運勢の悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が午;の人は、財運がアップして慶事が訪れますが、吉の中には凶も帯びているので、慎重かつご注意下さい!
 
 《未;
2018年は干支が未;の人は、女運は良いですが、男運は少し劣ります。天煞星と惡星に入るため、色仕掛けから散財したり、付きまとわれたりしてへとへとになり、悩みが絶えないでしょう。色仕掛けの詐欺には十分注意が必要です。
2018年は干支が未;の人は、357911月が運勢の良い月となります。
2018年は干支が未;の人は、124781012月が運勢の悪い月ですので、注意が必要です。
2018年は干支が未;の人は、今年の運勢はあまり良くありませんので、慎重に物事を運ぶように心がけて下さい。風俗場所に出歩くことはなるべく避けましょう。
 
《申 ;
2018年は干支が申 ;の人は、喪門凶星に入るため、なるべく病気のお見舞いや、弔問(自分の家族を除く)などに行かないようにしましょう。平安を保ち、散財、ご不幸の場合には注意してください。もし家で喜ばしいことがあれば、自然と災いを避けることができます。もしなければ、廟(神社)などにお参りに行くようにしましょう。
2018年は干支が申 ;の人は、134567812月が運勢の良い月です。
2018年は干支が申 ;の人は、291011月は運勢の悪い月ですので、言動に注意しましょう。
2018年は干支が申 ;の人は、今年はあまり良い年とは言えないので、喜ばしいことがあれば、災いを防ぎますが、それがなければ、いろんな事が起きますので、なるべく廟(神社)などに行って平安祈願のお参りをしましょう。
 
《酉 ;
2018年は干支が酉 ;の人は、今年は厄年で、また太陽星が照らしに来てくれます。そこで、今年の運勢は良いで、喜び事が心を良くしてくれるでしょう。財は順調ですが、天空星が近づくので、他人の事に首を突っ込まないようにすれば、お金を散財することもないでしょう。家庭内や人間関係に波風が立たないようしてください。
2018年は干支が酉 ;の人は、124561112月は運勢がよい月です。
2018年は干支が酉 ; の人は、3678910月は全てにおいて保守的にした方がよいです。
2018年は干支が酉 ; の人は 悪い運勢から良い運勢に変化していきますが、調子に乗ってがっかりすることが無いよう注意してください。口を慎むよう気を付けて下さい。
 
《戌;
2018年は干支が戌;の人は今年は厄年ですので何事にも注意が必要です。病気、手術、怪我、事故、散財、人に妨害されるなど。厄年にもし慶事があれば、災いから吉に転じていくでしょう。慶事が迎えられない場合に災いが無くても災難が起きることもあります。そこで、何事も保守的にするよう注意する必要があります。
2018年は干支が戌;の人は、23561011月が運勢が月です。
2018年は干支が戌;の人は、14578912月は慎重に保守的にするよう心掛けて下さい。
2018年は干支が戌;の人は厄年ですので、神社や廟に行き、太歳灯や光明灯など灯してもらうか、まめに神社や廟などに足を運び平穏であるよう拝むのがよいでしょう。何事にも保守的になさるよう気を付けて下さい。
 
《亥;
全体運2018年は干支が亥 ;の人は、今年は幸せな事にあうでしょう。感情運も強いです。ただし天煞や病符が入るため、体調不良の予防をしてください。お見舞いに行ったり、喪中の家の物を食べないようにして下さい。(やむを得ず行く場合を除く)普段から体の健康に十分に注意してください。
2018年は干支が亥 ;の人は、23467912月が運勢がよい月です。
2018年は干支が亥 ;の人は、156891011月は何事にも慎むよう注意してください。
2018年は干支が亥 ;の人は、今年の運勢はそんなに理想的ではありませんが、慶事などがあれば、その願いはすべて凶から吉へと転じるでしょう。今年は健康に十分注意して、普段から保温などに気を付けて下さい。
........................................................................................................................................................................
2018年からの営業時間変更のお知らせ
いつも日月命理館をご支持、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
当館にお越しくださるお客様へのお知らせです。
当館の営業時間を午前10:00~12:00、午後14:30~18:00、定休日を火曜日と変更させていただきます。また、鑑定人数は一日5名様までとさせていただきます。
当館は十数年來鑑定費用を変更したことはありませんでしたが、人件費などのコストの上騰、またお客様への更なるサービスの品質向上のため、2018年1/1より鑑定費用を微調整させていただくこととなりました。
以前よりご贔屓にしてくださるお客様、またこれからお会いするお客様、皆様より厚いご支持とご指導のほど、よろしくお願い致します。
日月命理館 魏嘉誾
........................................................................................................................................................................
皆様、あけましておめでとうございます!今日は仕事初めの吉日です。もし今日まだ営業を始めていない方は、次の吉日である正月十二日まで待たなければなりません。皆様の商売繁盛を祝福申し上げます!財源が広がりますように!親愛なる皆さま、溢れるほどの金運を受け取れますように!!!
........................................................................................................................................................................
あけましておめでとうございます
今日は年の初一ですね!今年のよい方角は東、よろしくない方角は南、北です。南、北の方角で地鎮祭、工事、建築を行わない方がよいでしょう。また、辰年、戌年の方は太歲灯、光明灯を灯して平安をお祈りしましょう。
今年一年、皆様の平安と順調をお祈り申し上げます!健康でありますように!願い事が実現しますように!災いなく無事に過ごせますように!皆様、金運が上昇しますように、祝福申し上げます!
........................................................................................................................................................................
おはようございます!あけましておめでとうございます!
時間が過ぎるのは本当に早いですね!あっという間に1年が過ぎました。過去1年間の中で、たとえ良い事、悪い事があろうとも、今後はたくさん良い事が起こりますように、ここで皆さまに新しい年の始まりを祝福いたします!また、健康でありますように!すべてが平安で順調にいきますように!
《2月下旬ごろ、今年(2018年)の十二支の運勢をアップしますので、ご期待ください!》
........................................................................................................................................................................
《バレンタインデー》
明後日はバレンタインデーですね。このところ忙しい毎日を過ごしていますが、皆さんに「ハッピーバレンタイン!」とお伝えしたいと思います。皆さま、身の回りにいる大事な人、また恋人を大事にしてくださいね。世の中全ての恋人たちが結ばれて幸せになりますように、祝福申し上げます!
........................................................................................................................................................................
26日花蓮地震2
この多事多難の時に、どうぞ天の神様、花蓮に住んでいる方であれ、東部にいる方であれ、台湾の全ての人が平安無事でありますよう、お守りください。救難隊の皆さん、国軍の皆さん、大変なところ心から感謝いたします。どうぞ皆さん平安でありますように!天の神様どうぞ花蓮をお守りください!どうぞ台湾をお守りください!
........................................................................................................................................................................
26日花蓮地震1
旧正月が間もなく近づいているというのに、地震が発生しました。ここのところ、お正月前にいつも何か災難が起きます。天の神様が、花蓮と東部にいる皆さんの無事と平安をお守りくださいますように!台湾の皆様もお守りくださいますように!皆さんの平安、順調をお祈りいたします!また、災い転じて福となりますように!天の神様どうぞ台湾をお守りください!
........................................................................................................................................................................
昨日は立春の日でした。おちゃめな春の姑娘は大きなプレゼントをくれましたね、それは地震です!ああ!とても怖かったです!結構揺れて、しかも右へ左へと揺れ、とてもビックリしました!今年の運勢についてですが、大自然の力は絶対に軽く見てはいけませんよ!経済面がさらに悪化しませんよう願うとともに、皆様も、風による災害、水による災害にくれぐれも注意してください!皆様も福徳を作って、幸せをお祈りください。ここで、皆様の平安と無事、健康をお祈り申し上げます!
........................................................................................................................................................................
今日は旧暦の1216日ですよ!必ず食べてくださいね。↓↓↓
毎年旧暦の1216日は尾牙(一年最後の参拝の日)です。どうして刈包(台湾式バーガー)を食べるか知っていますか?ちゃんと意味があります。刈包の形は財布に似ていて、中にたくさんの具や酸菜等を入れるので富を表します。新しい年が財運に恵まれるように願いが込められています。また白いパンは「虎の口」のようで、「虎咬豬(虎は豚を噛む)」ことを表し、悪い事を全部食べてしまうことで、良くない事が煙のように消えてしまうことを表しています。一年の悪い運気、間違ったことを言ったこと、間違ったことをしたことを全部食べてしまいます。ですので、このことわざがあり、来年は良い運気がやってくると言われています。
........................................................................................................................................................................
 
《双子の運命-1
この二日間のうちに、二組の双子がオフィスを訪れました。22年間この占いの仕事をしていますが、二組の双子が訪れたのは初めてで、珍しくてうれしい気持ちになりました。
双子の運命は同じなのかどうか、皆さんもきっと興味があることでしょう。正直に言いますと、双子の外見、また命盤は同じです。しかし、性格と運命は同じではありません。このような時は、本当に詳しい判断によって、二人が異なるという事を判断することができるのです。その日、オフィスに来た美しい双子の姉妹を見て、私はお姉さんの性格についてこう言いました。彼女は「女性の体、男性の心」を持っていました。つまり、彼女の体は女性で、外見も女性ですが、性格は男性っぽく、何事も気にせず、大雑把な性格ということです。お姉さんの方は幸せな結婚をしていますが、妹さんの方はまだ結婚していませんでした。この点でも、彼女たちの違いがはっきりと判る ところでもあります。例えば・・・続く。
........................................................................................................................................................................
《大切な子供たちからの贈り物》
ここ数日自分の部屋を整理していたら、引き出しの中から3本の新しい口紅がしまってありました。ふと、それは母の日に子供たちが私に送ってくれたプレゼントだったことを思い出しました。どの色もとても好きな色;で、取材や撮影があるときに使うのにちょうどいいです。その口紅を塗ってみると、心がとても温まりました。子供たちの親を想う気持ちは私の心を十分に慰めてくれ、自分の人生は本当に幸せだと感じました。私の子供たちはお金をたくさん稼ぐ方ではないかもしれませんが、堅実にしっかりと仕事をしていればいいのです。私は心から子供たちの幸せと健康、事業の成功を願っています。愛していますよ皆さんも私のように子供たちからの思いやりと親孝 行が ありますように、また平安と幸せをお祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《年の瀬》
毎年この時期になると2~3日おきに忘年会があり、また結婚するのにちょうどよい日も多く、私も主人もずっと食べ続けていて、ダイエットしたい気持ちはあっても本当に難しいです!しかし、実は私はこんなにぎやかな雰囲気が大好きですこれが人生というものですね!日々を過ごすのが楽しいです!気持ちがウキウキしているときは、運気も上昇するのです。皆さんも毎日を幸せに、平穏無事に、順調に過ごせますよう、お祈り申し上げます~!
........................................................................................................................................................................
《晩年になると財が貯まる》
ある時お客さんが私に尋ねました。「先生、どうして人は若いうちにお金を貯めないのですか?」とてもよい質問です。私はお客さんにこう言いました。人は若い時には、お金をたくさん稼いだとしても、若くして多くのお金を稼いだせいで調子に乗ってしまって、お金を稼ぐのは簡単だと思い込んでしまう人もいます。ですので、お金を大切にせず、無駄遣いしたり、浪費したりするので、お金は流れていってしまいます。人生を中ごろまで過ぎてから、考え方も変わり、お金を稼ぐことの大変さも知り、またどのようにお金をより良く運用するかも分かってくるものです。そのため、若いうちに苦労をすることを厭わなければ、幸せな晩年が訪れます。これが晩年になると財が 貯まるわけです。
言葉で言うのはとても簡単ですが、なかなかこれを実践できる人は多くありません。ここで、皆さまの仕事が順調でありますように、金運が上がりますように、お祈り申し上げます!また、皆さまの平穏無事と健康をお祈り申し上げます!
........................................................................................................................................................................
2018年ヴァンサンカン2月号
みなさま、新年あけましておめでとうございます!日がたつのは本当に早いもので、年を越
してもう4、5日過ぎてしまいました。本当に「歳月人を待たず」です。みなさんもこんな感
じではありませんか?
私自身も日が経つのが本当に早く感じます。あっという間に60歳を過ぎようとしています。
多くの友人や親愛なるお客様方のご支持とご愛顧に感謝いたします。風雨を恐れることもな
く、この場所で安定した仕事をすることができて、私は心からみなさんに本当に感謝いたし
ます!
2017年は私は一番忙しく、輝かしい一年でした。また私の体の健康にとって一番挑戦的な一
年でもありました。でもわたしはみなさんのご支持と励ましで、ぜんぶ乗り越えることが出
来ました。本当に本当にみなさまに感謝いたします!日本で私を大事に思って下さるすべて
の方々に感謝申し上げます!また、すべてのメディアのみなさんの報道は、私をポジティブ
な感じにしてくれます。私は更に努力して頑張らなければいけません。自分を充実させ、こ
の先もどうぞ皆さんに多くのご支持とご愛顧を頂けますように!
私はここで皆さんの新年をお祝い申し上げます!お体が健康でありますように!願いが叶い
ますように!
先月(2017年12月)、日本のある有名なファッション雑誌に私の情報が掲載されました。み
なさまのより一層のご指導、よろしくお願い致します!
........................................................................................................................................................................
年末年始の営業のお知らせ
いつも日月命理館をご支持、ご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
当館は、通常火曜日は定休日でございますが、
2018年1月2日火曜日は、休まず営業いたします。
お正月を利用されて台湾にお越しのご予定がある方は是非ご予約下さいませ。
皆さまのご予約を心よりお待ち申し上げております
........................................................................................................................................................................
年末のご挨拶
いつも日月命理館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
今年も残すところ後わずかとなりました。
みなさんの健康、何事も願いが叶い、
万事順調で幸福でありますように。
来年が皆様にとって良いお年でありますように。
スタッフ一同精進してまいりますので、
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
........................................................................................................................................................................
《招き猫
昨日は私が毎月恒例にしている宜蘭廟へ修行に行って参りました。愛する息子の智鴻が車で私を宜蘭まで連れて行ってくれ、宿題を済ませて台北に戻る前に、先に腹ごしらえしてから台北に帰ることにしました。毎回お店に入った時は一人か二人のお客さんしかいませんが、私たち親子がお席に着くと5分後にはお店はお客さんでいっぱいになり、満席状態。何度もそういうことがありました。アハハ!その時は本当に私たち親子は招き猫と同じで、もとから皆さまに私たち親子が歓迎される理由があったのかと思いました。私も今自分がだんだん招き猫;のようだと感じますが、それはそれでいいことで、招き猫;になることは本当にすばらしいです!少なくとも一人一人に幸運を与えることができます。ここで私の誠意をもちまして皆さまの財運が広がりますよう、お祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《メリークリスマス》
みなさんおはようございます!一年に一度のクリスマスがまたやってきましたね。続いてすぐに新年もやってくるので、皆さまもお忙しいかと思いますが、忙し中でも皆さまがご自身の健康に気をつけて過ごすことを祈っております。メリークリスマス​!皆さまが楽しく健康で平和に過ごせますように!
   
........................................................................................................................................................................
冬至
皆さま、おはようございます!時が経つのは本当に早く、あっという間に今年もまた冬至を迎えます。ここ数日寒い日が続きますので、皆さま栄養がある物をたくさん食べて体力をつけてください。そして、冬至(今年は1222日)にアツアツの湯圓(白玉団子等)を食べて活力を補給してください。ここで、皆さまのご家庭円満とご健康、そして穏やかで万事順調でありますよう、お祈り申し上げます。
https://www.facebook.com/100000532500602/videos/1896231100404622/
........................................................................................................................................................................
《育ての恩》
この23日主人が腎結石を患って、ひどい痛みに悩まされ、そのため病院の救急に二度ほどお世話になり、夜には入院治療することになりました。大事な息子、智鴻はここのところ本当に大変です。朝から晩までの仕事の傍ら、父親の世話という責任を背負っています。父親は生みの親ではないのですが、自分の継父に対して本当の愛情と尊敬の念を抱いています。小さい頃から今まで培ってきた感情は、他人には分かりようがありません。子供たちは皆、自分たちの継父を守り、親孝行もしてきました。ときどき私が主人に対して何か文句を言ったとしても、子供たちは逆に父親のほうをかばい、私を諭すこともあります。以前は私が子供たちと父親との橋渡しをしていましたが、今ではとっくに彼らは味方同士になっています。なので、時に私はあまり勝手なことを言うことが出来なくなりました。ははは!子供たちは大人になりました!だいぶ分別も付きました!幸福やご縁を大事にし、「育ての恩を返すこと」もわきまえています。とても 晴らしいことです!子供たちを本当に誇りに思います!子供たちに(特に智鴻には、ご苦労様!)お母さんはあなた達を愛していますよ、と言ってあげたいです!
小さい頃から、私は子供たちを厳しくしつけてきました。いつも実直な人間に育つよう気を配ってきました。お金持ちになろうがなるまいが、それは重要ではありません。ただ子供たちが「忠孝」(忠誠心と孝行心)、「誠信」(誠実と信用)という信念を持てるようになってほしいのです。現在の社会では、この信念がどんどん薄れてきています。これらの信念を貫くことができなければ、率直に言って、社会で成功するには本当に難しいでしょう。他の人があなたを信用していないからです。この世界では、「忠孝」という文字は簡単に見えても、実際に実行するのは容易ではありません。この機会を借りて、私の経験を皆さんにシェアいたします。子供たちを教育することに臆してはいけません。子供たちには人の道理を教えてあげましょう。後になって子供たちは父母の恩に感激し、それに報いてくれるでしょう。皆さまどうぞ、幸福とご縁を大事になさってください。どうぞ皆様が平安で健康でありますように!
........................................................................................................................................................................
 aruco 台北」に掲載されました!
皆さま、おはようございます。寒いですね!服をいつもより多めに着てあたたかく過ごしてくださいね。皆様のご健康をお祈りいたします!すごく嬉しいことがありました。最新の日本の旅行ガイド雑誌「aruco 台北」に掲載されました。この2018年のガイド雑誌を皆さまが気に入ってくれると嬉しいです。
変化の世の中で皆さまが平和で穏やかで、そしてご健康でありますよう、願っております。
 
........................................................................................................................................................................
《休暇》
仲の良い友人である張さんご夫婦からのお誘いを受け、主人と私とで昨日から宜蘭県の礁渓にあるロイヤルホテルへ訪れていました。いつも仕事と離れることができない私も、昨日の午後に仕事を終えると主人とともに休暇に訪れ、温泉に入り、思いきりのんびり過ごしました。しかし、普段から苦労性である私は、まだたくさんのことをやらなくてはいけない気がしています。来年からは本当に、自分の生活をしっかりと計画したいと思います。これは親愛なる家族も親友たちも願っていることでしょう。私も努力してよい方向へと進めることを期待しています。また、私のことを支持、また愛顧して下さる皆様に感謝するとともに、皆様も、私のようにリラックスした気持ちで人生を楽しむことができますよう、祝福を捧げたいと思います。また皆様が健康で何事もなく楽しく過ごせますように!
........................................................................................................................................................................
みなさんおはようございます!
今朝は起きたた時、とっても寒く感じませんでしたか?みなさんちょっと暖かめの服を羽織ってくださいね。またみなさんのお体が健康でありますように!平穏で順調でありますように!
........................................................................................................................................................................
年末·仕事
古代の人がつくった漢字が本当にすごいと思うのはひとつの漢字に多くの意味を含ませていることで、古代の人たちを大変尊敬いたします。
時間が過ぎのは本当に早いですね。もうすぐ年末がやってきます。毎年年末は皆さんが一年で最も忙しい時期でもあり、会社経営者は年度決算で大わらわでも、取引先のお客様にお歳暮を届けることを忘れてはいけません、各家庭は新しい年を迎えるために大掃除に精を出し、デパートなどのお店は「年に一度の大セール」で大忙しですので、皆さんもきっとお忙しく過ごされていることと思います。私の仕事も皆さんと同じく大変忙しいです。毎日の占いの仕事以外にも、取材を受けたり、来年度の十二支運勢の編集等の仕事もあります。最近私は自分で計画を立て一日に三つの干支の運勢について書き、数日前にやっと書き終わりました。年を取ったせいかもしれませんが、毎日 仕事が終わら ない感じがし、夕食を食べる時間になると頭の中が真っ白になり何も浮かばなくなりますが、新しい文章を書くために十分休むとまた新しい文章の内容が浮かび上がってきます。時には文章をアップすることができませんが、皆さんどうかお許しください。いよいよ年末を迎えますので、皆さんくれぐれもご自愛ください。あまりお疲れになりませんように。皆さんがご健康で万事順調でありますよう、お祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《親子》
私は最近「パパはどこに行ったの 第五シーズン」というテレビ番組をよく見ています。以前はテレビを見る時間がなく、あまりこういった番組を見ていませんでしたが、子供たちの無邪気な言葉はとても可愛いと思いました。内容としては父親が自分の子どもを連れて旅行に行き親子間の関係を深めるもので、私はこれはとても素晴らしいと思います。なぜなら親子間の絆を深め、更に子供たちの独立心と助け合いの心を育み、子供たちに「どのように大切にするか」を理解させることができるからです。実際、現代社会ではこのような番組を使って子供たちを教育することが必要です。子供たちに毎日暴力的な番組やニュースを見せると子供たちが暴力的な行動を起こしやすくなってしまうので、そ ういったものは見せるべきではありません。私たちの政府およびメディア関係者には落ち着いた穏やかな番組やポジティブなニュース、親子関係に関する番組を多く報道していただきたいです。このようにしなければ社会は進歩しませんし、善良で優秀な子供たちを育むことはできません。この場を借りて、この世界の全てのお父さん、お母さん、そして子供たちが平安で健康でありますように、また皆の心が一つになりますように、心からお祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《妊娠-2
前回の続きです。
前回、妊娠期間中にお経を唱えることは、とてもいい効果がある、と言いました。なぜでしょうか?それは、胎児はお母さんのおなかの中で、栄養を吸収すること以外にも、知識も吸収しているからです。胎教や、音楽を聴くことが赤ちゃんにとって効果があるのと同様に、もしお母さんがお経を唱えれば、生まれてくる赤ちゃんは福や慈悲の心を持って生まれてくるのです。しかも、出産もスムーズになりやすく、お母さんがお経を唱えることで、赤ちゃんの罪を消してくれるので、生まれた赤ちゃんは自然といい子になるのです。このことは、皆さんも参考になさってくださいね!なぜなら、赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいるころから修行をしているので、赤ちゃんが比較的穏やかになるのです。そ れから、妊娠中にはいくつかの禁忌があります。最近の若い人たちはあまりよく知らないかもしれませんので、ここで皆さんにシェアしたいと思います。妊娠中は、ベッドの上で物を切ったり、服を縫ったりしてはいけません。ベッドの下に物を置いてはいけません。ベッドを動かしてはいけません。(床神、つまり子供の守護神様がいるためです)家の中の家電(冷蔵庫や洗濯機など)を、あまり移動させてはいけません。髪を切ったり、どうしてもしなくてはいけない場合は、よい日にち、また時間を選んで行った方が良いでしょう。胎神の場所は毎日変わりますので、妊娠中の方は慎重になったほうが安心できるかと思います。この場を借りて、皆さまの平穏無事と健康を祝福いたします!
........................................................................................................................................................................
《妊娠-1
今日は可愛いお客さんがありました。彼女はダンサーで、私が自分の娘のように思っている方でもあります。もう何ヶ月も会っていませんでしたので、今日は私に会う為に特別に時間を作ってくれたのでした。久しぶりに見た彼女の、妊娠5、6ヶ月のお腹を見て、本当に嬉しくなりました。実は2日前に彼女から電話があり、妊娠していることを告げられたのです。私は、きっと男の子ですよ!と言いました。そして彼女は、検査の結果は男の子だったと言いました。それを聞いて私はもっとうれしくなりました。なぜなら彼女の旦那さんはインドネシア華僑で、しかも一人っ子ですので、最初の子どもが男の子だったことで、きっと心理的にも安心したことでしょう。昔から今でも、多くの人が男尊女卑の 観念を持っていますので、妊娠がわかった女性は色々考えすぎてしまって、大きなストレスを感じざるを得ません。しかし実際、男の子を授かるか女の子を授かるかは女性だけの問題ではなく、男性にも責任があるのです。ですので、妊娠期間は気分を明るく保つようにしましょう。そうすれば健康で可愛い赤ちゃんを産むことができます。彼女は私にこう尋ねました。「妊娠中は、お経を唱えてもいいのでしょうか?」私は、「もちろんいいですよ。」と答えました。しかもとてもいい効果があるのです。なぜでしょうか?・・・つづく
........................................................................................................................................................................
《幸運》 
昨晩夫と母、子供たちそしてアシスタントと一緒に夕食を食べに行き散歩しながら帰る途中スターバックスで飲み物4杯とレーズンパンを買ったところ全部で650元になり250元以上購入で引けるくじに参加してきました。そしたらなんと一つ購入すると一つ無料でついて来るチケットとスターバックスの記念マグカップを当てることができました!ハハ 私はとてもラッキーでした店員の方によるとこのお店でマグカップを当てたのは私が初めてとのことです。私に福を与えてくれた天の神様に感謝いたします。これは小さな事ではありますが私にとても大きな満足感をもたらしてくれました!ここで皆さまに私のような幸運と福をお祈りいたします。
........................................................................................................................................................................
《上海へ-2
つづき...
仕事が終わった後、お客様が親切に私たちのためにヒルトンホテルを予約してくれました。また運転手の方が私たちをホテルまで送ってくれました。私たち親子はゆっくり休むことができ、本当に大変嬉しかったです。お客様の心遣いを大変感謝いたします。ホテルに戻り荷物を置き、私たち親子はすぐにホテルの周辺にあるレストランへご飯を食べに行きました。いでに街も散策しました。愛する息子の智鴻はずっと私に車に注意するように言い続けました。アハハ!信号は信用できず、歩いている時は常に前後に注意しないといけません。今回は息子のが私といっしょに上海へ行ってくれ、私を守ってくれたので、私は安心して仕事に専念することができました。私の愛する息 子の智鴻にも大変感謝しています。今回の上海での仕事は大成功に終わりました。
次の日の朝、私たちはまたお客様の家へ行き、お客様の新しい家の地基主(家を守ってくれる神様)をお参りして帰りました。お客様は運転手の方に私たちを虹橋空港まで送るように頼んでくださりました。テロの関係で、空港の外で荷物検査をしてから空港の中へ入りました。税関手続きは早く済みました。ここ何年間で何もかも変わってしまいました。レストランの食べ物(鰻ご飯を食べたのですが、ウナギはゴムのようで噛み切ることができませんでした。胃腸の調子も悪くなりました)以外は、今回の上海行きはたった一泊二日だったので、すべてよかったです。私は辛い物や塩辛いものは食べませんので、いつも食べる物に困ります。ですので、家が一番です。「我が家楽の釜盥」 ということわざにもあるように、我が家が一番いいです。毎回仕事で、どうしても飛行機に乗っていろいろな場所へ行かないといけません。アハハ!ですので、郷に入っては郷に従えということで、慣れるように訓練を始めたところです。毎日温かい家が恋しくなります。自分の家がやはり一番いいです。私に幸福を気づかせてくれたお客様には感謝いたします。ありがとうございます。また皆様も幸福あふれる生活が送れますよう、また事業が発展し、財運が益々よくなりますようにお祈り申し上げます。つづく
 
........................................................................................................................................................................
《上海へ-1》
上海に来るのは4、5年ぶりのこと。今回は風水の仕事のために招かれました。一泊二日と短い滞在でしたが、上海の変貌を目の当たりにし、イメージががらりと変わっていることを感じました。彼らの進歩は本当に目覚ましいものです。空港でも多くの箇所が自動化されており、通関もとても早くなっていました。市内には建設中の場所を沢山目にしました。交通が乱れている以外は、多くのことが進歩しています。そんな彼らの様子を見ていると突然、どうして私たちの国は他の人たちのようにすることができないのだろうと感じました。誰もが政治を語りますが、私たち市民のための建設はひとつもなく、口先のことばかり!考えるだけで気が滅入ってしまいます。
私たち母子は到着するとすぐにお客様の部屋の風水を見に行きました。そのお住まいは環境がとても良く、管理も厳格で、この高級住宅地で人々は安全に暮らすことができるでしょう。両親にこの様な素晴らしい環境の部屋を用意してもらえる子供たちは本当に幸せです。風水の原理から見るとひとつだけ、キッチンと文昌の配置が理想的ではありませんでした。私は出来る限りの改善方法を考え、それらを標準に達するようにしました。この部屋は造られて1、2年でまだ住人がおらず、中の磁場は比較的空虚で弱い者でした。そのため、お客様は私に部屋の浄化を依頼し、さらに効果を増やしたいとお考えでした。もちろんこれもお客様が私を上海へ招いた理由ですがつづく
........................................................................................................................................................................
《活気ある素晴らしいparty
昨晩私たち夫婦は仲の良い張お兄さんの招待で、MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International)のパーティーに出席しました。招待されたお客様方は皆様正装を着用されていました。またパーティーには台湾の有名なシンガーの三名(艾怡良、安心亞、徐佳瑩)も招待されていて、ショーは大変素晴らしかったです。ラスベガスに行ったことはありませんが、まるでラスベガスのショーのようで、たいへん楽しめました。昨晩のような、高級な食事をし、高級なお酒を飲み、盛り上がったショーを楽しめる人生は本当に幸福だと思いました。張お兄さん、私たちにこんな素晴らしい機会を与えてくださり感謝いたします。張お兄さん、本当にありがとうございます。張お兄さんの事業が発展し、財運がますますよくなりますよう、お祈り申し上げます。また皆様が私と同じように幸福でありますよう、お祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
営業再開のお知らせ
いつも日月命理館をご愛顧いただきまして、
誠にありがとうございます。
1024日から1027日までの間、
出張のため、休館させていただきましたが、
1028日より営業を再開いたします。
皆様のご連絡、ご予約を心よりお待ち申し上げております。
........................................................................................................................................................................
台中、中国上海へ出張のお知らせ
いつもご愛顧して頂き、誠にありがとうございます。
1024日から1025日まで、台中へ出張に行きます。
また、1026日から1027日までは、
中国上海へ出張にいきますため、
誠に勝手ながらその期間中は日月命理館を休館させていただきますので、どうぞご了承下さい。
メールの返信及び、予約の受付は同じく行っておりますので、
どうぞご気兼ねなく。
なお、1028日より通常通り営業にさせていただきますので、
どうぞ皆様のご予約、心よりお待ちしております。
........................................................................................................................................................................
《誕生日の祝福》
10/24は私の誕生日で、旧暦と新暦とが同じ日に重なっていました。また、一番忘れがたい誕生日でもありました。いつも慕って下さっている親戚やお友達の皆様、そしてお客様の皆様には感謝申し上げます。祝福を与えて下さり、私の心は皆さまの温かさと感動でいっぱいです。できれば皆様一人一人にお礼を申し上げたいのですが、それが出来ないので、ここで一言お詫びを申し上げます。どうぞお許しくださいね!皆様の私に対する思いを感じることが本当にできました。皆様どうもありがとうございます!私も皆様をもっともっと愛しています!誕生日は一日きりですが、私はもう全世界の幸福を感じることができました。幸福一杯の思いを私に運んでくださった皆様に感謝申し上げます。
昨日は私のラッキー・デーでもありました。今晩は台北に戻りますが、明日の昼前にはまた上海に飛んで風水鑑定をします。最近は息つく暇もなく、忙しくしております。上海行のチケットも急に予約したのですが、ちょうど航空会社がお食事券の抽選も行っていたのです。ハハハ!たぶん私が誕生日だったので、好運が訪れたのでしょうか。とても嬉しいことです!これからも、また幸運に恵まれますように、また皆様もどうぞ幸福で満たされますように。平安で万事順調でありますように!どうぞご健康でありますように!
........................................................................................................................................................................
《結婚披露宴》 
今朝はとても早く、6時に起床しました!夫と駅へ行き皆と集合してから、バスで台中へ。夫の同級生の息子がお嫁さんをもらう結婚披露宴に参加するためです。
最近はとても忙しく、文章を書きたくてもアイデアが浮かんできませんでした。次に何を書けばいいでしょう?皆様どうかお許しください。
テーマを探して文章を書き、皆様とシェアをしたいので、この二日間でインスピレーションが沸いて、これからも書けるように願っています。
皆様の変わらない応援に心から感謝しております!皆様の平穏と、喜びや幸せを願っています!
........................................................................................................................................................................
《遠方からのプレゼント》
今日の午後、大変素敵なプレゼントを受け取りました。私が兄の様に尊敬するご夫婦からの私の誕生日プレゼントで、大変美しいスカーフでした。わざわざイギリスで買ってきてくれて私にプレゼントしてくれました。心から恩とお礼を申し上げます。張お兄さんそしてお姉さん、ありがとうございます。
ここ最近私は数えきれないくらいのプレゼントを受け取りました。何日か前も姉妹の様に仲の良い夏文さんから日本から輸入された採りたてのリンゴをひと箱頂きました。リンゴは私が一番好きな果物で、本当に食べると心まで甘くなります。夏文さん、沢山の美味しいリンゴをありがとうございます。また私の全ての仲の良いお友達、並びにお客様にも感謝いたします。皆様遠いところからプレゼントを届けてくれます。私のお客様で現在は仲のよいお友達のTinaご夫妻はアメリカから、他にも日本や台湾の皆様から頂きました。本当に感激いたしました。皆様から途切れることなく届くプレゼント、皆さまからこんなにたくさんのプレゼントを頂き、私は感謝の気持ちでいっぱいになりました。皆様のお気持ちを大切にしていきたいです。この人生で私は皆様と良い縁に恵まれて、私は幸せです。これからの人生も皆様の為に頑張っていきます。皆様が幸せでありますよう、また穏やかで物事が上手くいきますようにお祈り申し上げます。ご健康で幸せでありますように。
 ........................................................................................................................................................................
《悟り その6
つづき
「走火入魔」(狂ってしまう)とはどんなことでしょうか?つまり、座禅を組んでいる時に、幻想や自分の意識を感じていると、あまり良くない霊を体に招き入れてしまうので、そうすると逆効果になってしまいます。もし「走火入魔」の状態になってしまったら、精神が散漫として、目の位置も不安定になります。ですから必ず慎重になり、気を付けて下さい。私の経験としては、頭を空にして、リラックスした状態を保ちます。こうすれば、最良な状態でいられます。頭の中を空っぽにすることを、覚えておいてください。また、聞きかじったことを信じたり、人に教えたりしないこと。実際に心を無にしていると、体が自然と軽く揺れ動き始めます。霊験あらたかな神様の前にいますと、特に自 分がその神様とご縁があると、そ の神様は自然とあなたを守って下さいます。私は、若い頃から修行をして今に至るまで、実はどの人も神様を知るきっかけはあると、了解するようになりました。ただ、その人その人の修行の仕方やする時間が違うだけで、ご縁があれば、いずれは巡り会うのです。自分の心をリラックスさせて、毎日を楽しく過ごしていれば、自ずときっかけはすんなりと現れるはずです。今日はここまでにします!皆さんが私の文章を支持して下さり、大切にして下さることに感謝いたします。これからまた霊のことや、占いや風水に関する文章を書いていきます。どうぞ皆さんが平安で健康でありますように!幸福でハッピーでありますように!
描述: 圖像裡可能有花、文字和大自然
........................................................................................................................................................................
《悟る その5》
つづき
前の文章に出てきたその師姐が、ご縁あって私をとある大きな廟へ連れて行ってくれました。師姐が言うには、この廟に祀られている主神は、王母娘娘だそうです。それを聞いた瞬間、私はびっくりしました。なぜならその主神様は、私が幼い頃夢で見た神様と、そっくり同じだったからです。道理でこの廟に足を踏み入れた途端、なんとも懐かしいような温かいような感じがして、まるで自分の家族か親戚に会ったみたいで、涙が思わず流れてきました。これが初めて廟に行った時の私の経験です。聞く話によると、この廟には、王母娘娘の代言者である女性がいるそうです。何か困ったことがあると、人々はこの人を頼りに尋ねてきます。この師姐に初めて自分のことを聞かれた時、とてもとても緊張しました。この方の傍に近寄ると、突然自分の体が揺さぶれる感じがしました。これがいわゆる「霊動」だということが、後でわかりました。つまり、神仏と縁が深い人は、神様の存在に近寄ると、心が落ち着いていれば、自然と体が動くことがあるそうです。もし、座禅をしていれば、そのパワーと感覚はさらに強まります。座禅を始めて間もない人は、まだ不安定なため、一般的には誰か見守ってくれる人がいる方が安全です。そうでないと、「走火入魔」になりやすいです。では「走火入魔」とは一体何でしょう?
続く
........................................................................................................................................................................
<悟り その4>
つづき
前回のコラムで、私自身の全ての経験をお話しようと思いました。書くことで皆さまと共有し、参考になれば幸いです。
私の母が常々言っていたことを覚えています。母は私を生む時、母子ともに死にかけるところでした。私の胎位は正常ではなく、逆子(お尻から出てくる)いわゆる「坐蓮花」でした。その頃の私たちには帝王切開というものがなかったため、坐胎(逆子)での出産はとても危険な状態でした。一番大変だったはずの産婦人科の先生に感謝をしています。彼の技術で私は無事生まれてくることができました。大変な思いをした母にも感謝をしています。母に対して心から恩を
感じているのは、母がいなければ今の私もいなかったからです。もちろん私は母に特別な思いで親孝行をしています。
物心がついてくると、私は自分がとても強い福の運を持っていると感じました。よく「王母娘娘(西王母の通称で、古代神話中の女神)」の夢を見たことを覚えています。あの頃の私は、それが「王母娘娘」だとは知りませんでした。夢の中に現れる「王母娘娘」は黄金色の衣服をまとい、テレビで見る古代の皇后の衣装のようでした。「王母娘娘」の服装は、皇后の衣装よりも艶やかで荘厳でした。彼女は夢の中で私に語り掛けました。作り話だと思われるかもしれません。けれども、私はこれが本当のことだと断言できます。しかし私はまだ子供だったので、家族にも言えずにいました。ただそっと心の中にしまっておき、時間がたつと段々と忘れていったのです。そして私は18歳になり、師姐(修業者)に出会いました。偶然と運命が重なり、私は彼女に導かれ、王母娘娘の宮廟へと足を踏み入れたのです。・・・つづく
 ........................................................................................................................................................................
《悟る-3》
前回もお話をした通り、私はいつも神様や貴人の助けがある事に、心から感謝しています。お金があることはそんなに重要ではありません。
互いに助け合うことができる貴人がいることこそが、真の人生の意義といえます。
今回お話をしている「悟る」の二文字には、実際に沢山の意味があります。例えば、一夜で突然に様々なことを悟ることもあれば、挫折を経験してから悟ることもあります。ある人はあっという間に悟ってしまいます。私自身の悟りは、子供の頃でした。突然、智慧の扉を開く鍵を手にしたのです。私に多くの事を理解させて下さった神様に感謝をしています。これは望めば誰でも手に入る能力ではなく、私たちのこの能力を羨ましいと思う人もいるかもしれません。けれども天が私たちに授けた智慧は、人々のために使わなければなりません。天の神様は公平なのです。私は多くの事を悟ることができ、自分がどこから来たのかも、人が見えないところを見ることもできます。けれども、私 は自分のルールを守っています。自分の見たもの、きいたこと、経験したことをお話し共有することで、皆さんに少しでも理解をしてもらいたいと願っているのです。間違った導きを避けるためにも・・・
つづく
 ........................................................................................................................................................................
《悟る-2
つづき...
前回のお話は、私が突然に同級生に起こった事を話したことを書きましたが、その時は本当に「天機(天の秘密)」が何かまだ知りませんでした。それに、「接旨令(神様からの使命)」はまだありませんでした。なので、時々多くの事を話し過ぎてしまい、逆に他人の業障(過去の悪い行いが障害になること)を引き受けることになりました。このような状況は中学校に入った後まで続きました。ある日、縁があって一人の修行者と知り合いました。彼は突然私の前に来て、将来きっとこの仏道を修行する道に進み、しかも自分の力を発揮する。そして、仏道の道は苦しく辛いが、どんな事にも耐え抜けばきっとこの仏道の試練に勝てる。更に多くの善事を行えば、仏道の道で成功するだろうと私に言いました。その時は私13歳くらいで、修行者が言っていることがよくわかりませんでした。大きくなってから、修行者の言ったことが理解できました。実際、生まれてから現在まで私が経験した人生は一冊の本にまとめることが出来ます。ですが、私はここで皆さんとシェアしたいと思います。どうしてかというと、私の経験を皆さんに分かってほしいからです。人生は平坦な道のりではありませんが、子供でも大人でも勇気、気力、努力する心をもっていれば、どんなに険しい道でも前に進むことができます。私の人生は不遇でしたが、私はいつも心の中で天の神様の祝福に感謝し、多くの私の貴人(助けてくれる人)をずっと手助けしてきました。大変多くの困難を私にくださいましたが、私は解決してきました。要するに「人の行いは神様が見ています」自分がしたことは必ず自分に戻ってきます。つづく...
........................................................................................................................................................................
《悟る-1》
このところ連続して自分の身に実際に起こったことをお話していることにつきまして、皆さまのご愛顧に一層感謝すると共に、私のお話をシェアできることを大変うれしく思っております。今後も皆さまにどんなお話をすることができるか、じっくりと考えていきたいと思います。皆さんが私のお話を気に入って下さいましたら、本当にうれしいです。私はもうすぐ60歳となりますが、この人生の中でお話し尽くせないほどのいろいろなことに遭遇しました。少しばかり思い出して皆さんにシェアしたいと思いますが、皆さん私のことを変だと思わないでくださいね!
まだ9歳の頃の話です。その頃の私は年齢的にも、まだ物事について分かっているような分かっていないような感じだったのですが、ある日まるで、一本の鍵で私の頭の中が開けられたように感じ、突然近くにいた同級生に不思議なことを話し始めたのです。ですが同級生もまだ幼く、彼女も状況がよくわからないようで、私が言った内容をそれほど気にしませんでした。しかしある日その同級生の身に突然思いがけないことが起こり、みんなもだんだんと私が言っていることは冗談などではないという事が分かってきたのです。それからは、私は「小神童」と呼ばれるようになりました。可愛らしく聞こえますが、私にとってみれば、その時を境に運命が私を一歩一歩予想もできな かった未来へと導き始めたのでした。つづく…
........................................................................................................................................................................
今日の夜は私たち家族三代での誕生日会でした。私の偉大な母の誕生日は10月6日、私の大切な娘文文は10月15日が誕生日、そして私の誕生日は10月24日なので、一緒に誕生日会を開く事にしました。しかも私たちの誕生日はちょうど9日違いずつです。私たちみんなが集まれる機会は少なく、私の娘がちょうど台北に帰ってきたので、私の母の誕生日の日に一緒に過ごすことを決めました。しかもこれは老年、中年、青年三代での誕生日会でしたので、みんなもとても楽しく過ごせました。私はここで皆様の体が健康でありますよう、平穏無事で順調になりますよう、お祈りいたします。
 ........................................................................................................................................................................
《よい中秋節を》
皆さんお早うございます!皆さんに中秋節のお祝いを申し上げます!早いもので、明日は中秋節です。中秋節が過ぎた後も、どうぞ皆さん万事順調、平安で喜びに満ちますように!
ここ二、三日にとても嬉しいことがありました。日本のTBSテレビが番組の撮影に来て下さり、とても感謝しております。番組名は、「王様のブランチ」で、日本では長寿番組の一つですね。かれこれ始まってから20年になるそうです。日本の人はどなたでも知っている、視聴率が非常に高い番組です。放送時間は4時間半にわたり、出演している芸能人も有名な方ばかりです。そんな番組に私どもをわざわざ取材して、放送して頂けたことに大変感謝いたします!この土曜日、(10月7日または次の週の10月14日朝09301400放送)どうぞ日本の皆さん、そしてお客様の皆さんにご覧になって頂きたいと思います。私自身もとても放送が待ち遠しいです。皆様のご愛顧に感謝いたします!皆様どうぞ楽しい中秋節をお過ごしください!
土地公公の神様そして月下老人の神様の聖誕のお参りに必要なお供え物:壽桃(桃饅頭)、壽麵(そうめん)、紅圓(赤い饅頭)、發粿(蒸しケーキ)、湯圓(紅白白玉)、五果(バイナップル、りんご、ナシ、ドラゴンフルーツ、桃等の5種の果物)、三牲(鶏、魚、豚肉などの3種の肉類、または植物性食品どちらでもよい)、縁結びをお願いしたい方は、沢山のお花と2号砂糖(三温糖)を月下老人さまにお供えするといいでしょう。
お参りの仕方:土地公公さまにお願い奉ります。当事者氏名、会社名、生年月日、出生時間、または代表者の生年月日、出生時間、住所を土地公公さまに告げて、どうぞ当事者(氏名)をお守りくださいますよう、及び会社がますます発展しますよう、財源が増え、万事平安順調でありますように。そして、どうぞ皆さんの事業が順調で、財源が増えますように、とお願いします。
縁結びをお願いしたい方:同じく自分の姓名と、生年月日、出生時間および住所を告げ、それから月下老人さまにお願い奉ります、どうぞ自分に一本の赤い糸を授けて下さいますように、そしてよいご縁に恵まれますように、とお願いすれば大丈夫です。どうぞ皆さんに幸福なご縁が見つかりますように!また、皆さんが平安で健康でありますように!
 ........................................................................................................................................................................
《中秋節のプレゼント》
中秋節がやってきます!私の親友やお客様、さらに私の主人のお客様までが
多くのプレゼントを贈って下さいました。毎年この時期や春節のときは、家の中が
プレゼントでいっぱいになります。皆さまの心のこもったお気遣いに本当に感謝いたします。
これらのプレゼントは、私にさらに努力して頑張るよう、また自分の実力をさらに充実させ、
助けを必要としているより多くの方を助けるように感じさせてくれます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
みなさまが私を大切にして下さることにさらに感謝いたしますとともに、
みなさまの中秋節がすばらしく楽しいものでありますよう祝福いたします!
みなさまが平穏でご無事でありますように! お体が健康でありますように!
........................................................................................................................................................................
悼みます!今朝早くテレビのニュースで古い友達である李議員が飛び降り自殺をしたことを知りました。ニュースを見て、本当に大変ビックリしました。本当に信じることができません。真実ではないことを願います。
李議員は素晴らしい議員でした。人々が彼に助けを求めれば、彼は親身になって人々を助けました。政界には本当に彼のような人が必要です。彼が亡くなったことは、大変悲しく辛いです。なぜいい人はいつも長生きしないのでしょうか。政界は一人の優れた人をなくしました。彼の息子さんが彼の政治の仕事を受け継いでくれることを願います。李議員のご冥福を心より申し上げます。彼が離苦得楽、西方の極楽浄土に往生されるよう、願います。皆さんがご自分の命を大切にされることを願います。もし心に何か心配事があれば、ご家族やお友達に相談されますように。皆さんが平安で幸せでありますようにお祈り申し上げます。
17
........................................................................................................................................................................
今日はまた宜蘭羅東廟に来てお参りし、宿題もしてきました。お参りが全部済んだ後、一緒に来ていた主人が、「甲富哥餐廳」で夕飯を取ろうと提案しました。このお店は大変特別なお店で、今宵は私たち夫婦と息子の智鴻三人で、合計で1000元ちょっとのお勘定でしたが、お店側は一皿3~400元の果物をおごってくれたのです。人数に関係なく、9種類の様々な果物がお皿に盛られていて、数量も人数分ぴったりなんです。ハハハ!今回は桃が食べられたのでとてもよかったです!オーナーさんには、ご招待いただいてありがとうございます。どうぞこれからも、お店が商売繁盛でありますように!
........................................................................................................................................................................
《地震》
ちょっと前に私が書いたことがある文章で、「閏月(同じ月が2回)」についてのことがありました。
内容は、一年に「閏月(同じ月が2回)」があるときは、一般的に天災や人災が比較的よく起きるということです。
そこで、このようなことからメキシコ、インドネシア、日本、ニュージーランド、台湾で地震が発生しています。メキシコの自身はとてもひどくて、毎回ニュース映像を観る度に本当に心がはらはらするし大変怖くもあります!ここにメキシコの災害について心からお祈りいたします。みなさんが凶が転じて吉となりますように!
お亡くなりになった方々に離苦得楽がありますように!西方の極楽上の世界に往生いたしますように!
最近、キッチンの裏に大量のアリが出てくるようになりました。これは地震が起きるのではないかといつも感じてしまいます。実際この二日で地震が起きました。地震のいつもの揺れにみなさんとても慌てますが、どうかみなさんが落ち着いてくださるよう希望します。
日々を大事にされ、そばにおられる方を大切にしてください。さらに神様がみなさんに無限の幸せを与えて下さいますよう、
「大事小に化し、小事無に化す」です。世界に天のお助けがありますように!みなさまに天のご加護がありますように!
........................................................................................................................................................................
《施しは更なる福あり-1
現代社会では少し物寂しく感じることが少々あります。なぜでしょうか?現代人は到達する手前のものを払いのける感じで、心の中ではすすり泣いているようです。
最近、親友の一人とおしゃべりをしたのですが、彼女の義理の弟の奥様が亡くなったのです。でもお葬式を出してあげるお金がなく、まわりの親戚たちもお葬式の代金を誰も援助してあげませんでした。もともと彼女の家は貧しくて、みんなも彼女のことを見下していました。そこで、私の親友は彼女の子供たちのために、彼女の義理の弟に三万元を渡しました。義理の弟は義理の姉に大変感謝いたしました。なぜなら、私の親友も家のことで大変忙しかったのです。彼女は私にこのことを話し、私もすぐに彼女に五千元を渡しました。私が親友に話したこととして、私は彼女の義理の弟の奥様を存じ上げませんが、この私の行いはほんのわずかな気持ちなのです。義理の弟の奥様が安らかになれるよう、 助けることができたらと希望しました。
その結果、彼女がこの出来事を親族や友人たちに話し、私も自分の親友に伝えました。私は別の人たちに知ってほしいのではありません。ただ黙って行いたかっただけです。でも思いがけずこのちょっとした気持ちが、彼女の義理の弟の奥様を引き寄せたのか、親友の親戚たちがこの話を外から聞きつけ、亡くなった親戚を助けたいと願い出たのです。みんなが心の中で申し訳ないという思いがあって、最終的にお葬式を万事うまく終わらせることができたのです。
みなさまがこの社会で感じたことを見ると、なんでこんなに冷ややかに変わってしまったんでしょう!そこでようやく人が我慢して悲しんでいるように感じたこと、また私の親友もお葬式が終わった後、夢の中に義理の奥様が出てきて、奥様も親友の携帯に二つの「ありがとう!ありがとう!」と書かれた文字でお礼を伝えたのです。
私は親友が本当によい行いをして、良いお知らせがあったのだと思います。ちょっとした小さな援助でしたが、自分の為に無限の喜びと功徳をもたらしてくれました。ここに親友の義理の弟の奥様が離苦得楽、西方の極楽浄土に往生できますように!また友人のみなさまも平安で順調でありますことを祝福いたします!
........................................................................................................................................................................
《人の行いは神様が見ています》
私たちはよく「あなたのやっていることはおてんとう様がみているよ」と言いますが、これは本当のことなのでしょうか?私はここでみなさまにこれが本当であることをシェアいたします! 私は自分の目で功徳の神様を見たことがあるのです。信じられますか?
私が若い頃に偶然起きた出来事なのですが、友人の背後に、赤い書物に手を乗せ、一本の筆を以って立っている観音菩薩様のような姿を目撃したのです。あの時、友人は金紙を燃やしていて、神様も止まらずに書き物をしていました。
それから何年か過ぎて、また一度別の場面で看ました。それは、別の見知らぬ人で、彼は良くないことをしていました。そして神様も書き続けていました。ただ、顔色は比較的重苦しいだけです。のちにこの人に起きたことで「人の行いは神様は見ている」の道理が理解できました。以前みなさんは悪いことは巡りまわってくると話していましたが、私は今すべてがすぐに実現すると感じています。なぜなら、「この世の報い」はすべて人を待たないのです。良い行いをすれば良い報いがあり、悪い事をすれば悪い報いがあるということです。
ただ時間が経っていないから報いが無いのではありません。本当に間違いないです!もし自分の良い行いが増えていくと、自分の身に功徳も積み重なって、どこへ行こうとも貴人が助けてくれ、福や子孫、財や運気も上昇するでしょう。もしできる限りの悪い事をすれば、子孫に災いが及んだり、自分自身も天寿を全うできないでしょう。すべてのことにはみな道義があります。そこで、みなさんには良い行いをして、功徳を積むことを提案いたします。災い転じて福となす、です。ここに書いた私の経験したことをみなさんにシェアいたします。どうかみなさんが平安で順調でありますよう希望いたします!お体が健康でありますように!みなさまに天のご加護がありますように!
........................................................................................................................................................................
旧暦七月 その8
つづき...
前回の内容は超渡法会についてで、旧暦七月の普渡(供養する儀式)と同じです。皆さんが心から衆生と無縁仏のために普渡を行えば、無縁仏はこの世の私たちの供養を受け、大変喜び、皆さんに感謝します⋯⋯以前あるお客さまが旧暦七月は病院に行かない方がいいかと私に質問しました。私は皆さんに旧暦七月はタブーが沢山あると言いました。ですが、私個人の意見としては病気の時はやはり病院へ行ってお医者様に診ていただいた方がいいです。手術に関しては、旧暦七月に行っても大丈夫です。多くの方はよく理解していないだけで、旧暦七月に手術をすることを避けます。ご本人の持つ寿命と旧暦七月の好兄弟(お化け或いは寃親債主)が自分の代わりを探す以外は、手遅れにならないように急病になった場合はもちろんお医者様に治療してもらいます。《旧暦七月その4》の中で、旧暦七月のタブーを紹介しましたが、それは旧暦七月に病院へ行かないという意味ではありません。五穀雑糧を食べていれば、人は誰も病気にはなりませんか?旧暦七月は陰気が比較的重いですが、お医者様に診てもらう時に心配したり恐れることはありません。もし心配であれば、廟へ行き平安符(お守り)をいただくか、ご自身が信仰している宗教場所で平安を祈りましょう。そうすることで、心が落ち着きます。今日はここまでにします。皆さんが平安で、そして健康でありますようにお祈り申し上げます。つづく...
描述: 圖像裡可能有花、植物、大自然和戶外
........................................................................................................................................................................
旧暦七月 その7

先日書きましたが、好兄弟(お化け或いは寃親債主)もこの世の私たちの助けと超渡を必要としています。以前何年か前に私は廟で師匠が信者のために超渡法会を行っているのを見ました。場所ごとに超渡法会の方法は違います。その時、廟では「枉死城(不慮の事故や恨みを抱いて死んだ人たちがいる場所)」のような小さなお城をひとつ用意していました。小さなお城は地面に置かれ、お城の四つの門は開けられていました。門ごとに食事とお供え物が用意されていました。師 の弟子たちがすべてのお供え物を用意し終えた後、師匠は法会の儀式を開始しました。儀式が半分過ぎた頃、私は突然手を伸ばしてお城の門のお供え物を取ろうとしている好兄弟(お化け或いは寃親債主)を見ました。見た時はちょっと怖かったですが、後で知ったのですが「寃親債主(自分が累世において迷惑をかけたり、害してしまった人々)」も超渡されたかったのです。これ以降私も恐れなくなりました。この世とあの世の間は一つの境界で分けられているだけです。お互いの領域を侵さなければ、無事に暮らせます。旧暦の七月は皆さんがタブーを守れば、平安に過ごすことが出来ると私は信じています。つづく...

........................................................................................................................................................................
《旧暦七月 その6》

つづき...

前回書きました白い影の好兄弟(お化け或いは寃親債主)が私の病室に入ってきた後、すぐ出ていきました。実際、子供の時から大人になるまで、私の生まれ持った体質のため、好兄弟(お化け或いは寃親債主)にはもう慣れていました。すでに好兄弟(お化け或いは寃親債主)に対しては免疫ができていました。皆さんが好兄弟(お化け或いは寃親債主)を侵さなければ、何も気にすることはありません。一カ月間病院に入院していた間に、毎日違った状況に遭遇しました。一番よく覚えていることは、退院をする数日前の夜12時頃私の左耳がチリンチリンチリンという音を聞きました。それはお経を唱える時の法器(仏具の柳音)の音でした。この音を聞くと、私の経験から、誰かがこの世を去ることを意味します。次の日、私は担当の看護師さんに昨晩の出来事を話したところ、彼女は非常に驚きました。彼女にも少し霊感があります。うとうとしていたら、朝方5、6時頃に誰かが「伯伯(おじいさん)」とずっと呼んでいる声が聞こえ、大勢の人たちが慌てた様子でその老人の手当てをしていました。少ししたら私も目が覚め、夢ではないことがわかりました。前にある二部屋の病室に入院していた一人の90歳の元軍人のおじいさんでした。誰も看病してくれる人がいなくて、二日後に退院する予定でした。おじいさんがトイレへ行こうと起き上がった時に運悪く転んでしまい、病室の床は血に染まりました。隣のベットの家族の方が気づいて、慌てて看護士さんたちを呼んでくれました。その後、集中治療室に移されました。後で亡くなられたことを聞き、私もおじさんの為にお経を唱えさせていただました。時々多くの起こる出来事は本当に不思議だと思います。子供の時から今まで多くの不思議な事を体験したからかもしれません。いつも世の中や人の幸せを願っていれば、もし好兄弟(お化け或いは寃親債主)に遭遇しても恐れることはありません。好兄弟(お化け或いは寃親債主)たちがあの世に行くために、私たちが彼らの為に超渡(仏教儀式の中の法要)をしてあげなければなりません。つづく...

........................................................................................................................................................................
《旧暦の七月 その5
今日は我が家の普渡のお参りの日です。沢山のお供え物が必要で、それらを準備してお参りします。ここで皆さんに、普渡のお参りの仕方をお教えいたします。まず最初に、お参りする時に自分の名前と住所を言ってはいけません。私たち(信者)の平穏無事、万事順調をお祈りすれば良いです。他のことは言う必要ありません。自分の家の門のところでお参りすれば、好兄弟たちは私たちの誠意を分かってくれるはずです。そうすれば、自然と彼らは皆さんのことも守ってくれます!
旧暦の七月というと、皆さんが連想するのは好兄弟(お化け或いは寃親債主)のことだと思います。個人的には、旧暦の七月に限って出るとは思いませんが、普段から人によっては「好兄弟」に遭遇すること があります。ここで一つ、私が経験した心霊現象をご紹介した いです。
今年の5月末の頃、私は病気で栄総病院で手術を受け、入院して一ヶ月の治療を受けました。その時に、いろいろ見えたり、聞こえたりしたのです。皆さんもご存じだと思いますが、病院の磁場はあまり良くありません。加えて、手術を終えたばかりで私自身の体力もまだ回復していなくて体が非常に弱っている状態だったので、普段より心霊現象に出くわしやすかったのでしょう。私の病室は一人部屋で、隣は会議室になっていました。私の枕の位置は会議室側の壁にありました。毎晩夜中になって人気がなくなると、隣の会議室はとても賑やかな音がします。私の枕の下には一枚のお札があるので、彼らが何をしようがお構いなしです。こちらに何かちょっかいを出すわけで無ければ、お互い平和でい られる訳です。それから、手術をしてから一週間し て、病室のベッドに横 になっていたのですが、突然白っぽい影が私の病室に直接入ってきました。でも、私のベッド脇のカーテンまで来たら、すぐに出て行ってしまいました。ハハ!多分私のお札を見てすぐに逃げてしまったのでしょう!続く…
........................................................................................................................................................................
《旧暦の七月‐4
つづき…
 
上の文章では、旧暦の715日は三官大帝の中の地官大帝及び普渡公の誕生日だと書きました。これらの神様の聖誕に準備するお供えものは、前の文章ですでに申しましたので、ここでは説明を省かせていただきます。
 
3)旧暦の718日は、王母娘娘の聖誕です。準備するお供え物は以下の通りです:
三菓(3種類の果物)または五菓(5種類の果物)、寿桃(桃形の饅頭)、素麺、紅圓(赤いお饅頭)、發糕(蒸しケーキ)、湯圓(紅白のお団子)、生花。
以上が旧暦の七月で皆さんがよくご存じの神様たちの祝日です。
 
4)旧暦の七月のタブー
(一)夜11時を過ぎたら外出を控える。
(二)家の中にベビー部屋があれば、鏡をベビーベッドに向けないようにする。どうしても向いてしまう場合は、赤ちゃんを驚かせないように、布でかぶせておく。
(三)海に遊びに行かないようにする。山登りにも行かないようにする。身代わりにされないようにするためです。
(四)他の人から肩をたたかれないようにする、或いは他の人の肩をたたかない。一人一人の肩や頭上には三つの火があるからです。
(五)夜に口笛を吹かないようにする。不必要な霊を呼んでしまうからです。
(六)旧暦の七月の夜に写真を撮らないようにする。面倒なことにならないようにするためです。
(七)地面に落ちたお金を拾わない。面倒なことに巻き込まれないようにするためです。
(八)全身白または黒の服装はしないように。
(九)人影の少ないところで、誰かが自分の名前を呼んだ時、振り返らないようにする。
(十)壁に寄りかからないようにする。冥界の魂たちは一般的に壁に沿って歩くからです。
(十一)風鈴を掛けないようにする。風鈴は冥界の魂たちを寄せ付けるからです。
(十二)旧暦の七月に不動産を見に行ったり、購入したりしないように。冥界の魂たちの邪魔をしないようにするためです。
以上が旧暦の七月の神様の祝日とタブーについてです。皆さんにシェアして頂ければ幸いです。また、旧暦の七月以外の月でも、皆さんがどうぞ平穏無事で順調でありますように!
........................................................................................................................................................................
<<旧暦の七月 その3>>
前回からのつづき
前回の文章で、旧暦七月の拝み方について書きました。
今日は旧暦七月の節日についてみなさんにお話したいと思います。
(1)七月七日七夕の情人節、この日は七娘媽(床母)の誕生日でもあります。
七娘媽は、家の子供の守護神です。
一般的には麻油鶏酒(胡麻油と米酒、鶏肉で作った料理)や油飯(餅米で作った五目ごはん)をベッドやベッドのそばにお供えして拝みますが
床母衣と四方銭(冥銭と呼ばれる紙幣の形をした紙)も用意します。
あまり長く拝む必要はありません。
銭紙を燃やし終わったら、お供え物も仕舞います。
床母に、子供が平穏に健康に育つことを祈るためにこちらが最も簡単で便利なやり方です。
この日も中国の七夕のバレンタインデーです。
恋人がいる方は、きっと恋人への贈り物も準備する事でしょう。
恋人と一緒に幸せな情人節を贈ることができますように、
また恋人と永遠に結ばれますように、お祈りいたします。
(2)七月十五日中元節は、古くから最も重要な節目の日とされてきました。
また、この日は三官大帝のうち地官大帝と普渡公的の聖誕日でもあります。
あちこちの家で、ドアの前に沢山のお供え物を用意し
地官大帝と普渡公に捧げます。
地官大帝の聖誕には三菓(三種類の果物)または五菓(五種類の果物)、
壽桃(桃形の饅頭)、壽麵(素麺)、紅圓(赤いお饅頭)、發糕(蒸しケーキ)、湯圓(紅白のお団子)などを準備します。
つづく
........................................................................................................................................................................
旧暦7月その2
前回からのつづき
 
前回の文章で「盂蘭盆(うらぼん)法会」についてお話をしました。
法会で「地蔵菩薩本願経」も唱えるなら、
夜に瑜伽燄口もしくは放蒙山(いずれも祈祷を意味する)を置きます。
 
「甘露法食」のお供えは功徳になり、
歴代の先祖、親戚や恩師・友人、家族や自分の冤情者(累世において迷惑をかけてしまった人)、
無縁仏も幽冥(地獄)から救われ、浄土(天国)へ送りとどけられ、
「離苦得楽」苦しみから逃れて幸せを得ることができます。
 
時代の変化とともに、現代人は最も簡単な方法(普渡など)で無縁仏を奉祀します。
若い世代の方はあまり「拜渡」(仏様を拝む)方法をご存じないと思いますので、
私が用いる一番簡単な方法をお教えしましょう。
 
<<用意するもの>>
 
1.三牲(鶏、豚、魚)
2.三~五果(果物のこと。パイナップル、バナナ、梨は避けて下さい)
3.米一袋
4.飴やクッキー
5.酒、水
6.普渡公(菩薩)や好兄弟(霊魂)に捧げる金紙
7.水を入れた洗面器と清潔なタオル各一
8.飲み物
9.缶詰
10.普渡の旗(社名や個人名を書いたもの)
 
お供え物は個人の好みで増減しても構いません。
大切なのは、心遣いが霊魂に届き、
皆さまの平穏無事をお守りいただけることです。
つづく…
........................................................................................................................................................................
《旧暦の七月‐1
時間が過ぎるのがとても早いですね!もうすぐ旧暦の七月です。また皆さんは、「普渡」のために沢山のものを準備しなければいけません。「普渡」とは、「盂蘭盆供法會」のことで、これは毎年旧暦の七月のうち、及び七月十五日のどちらか一日、または数日を選んで行われます。お参りする当日は、仏教の弟子達では、百味(僧侶のパワーを入れる物)、五果(五種類の果物)、吸灌(甘露)、盆器(大きい洗面器)、香油(神様に供える油灯)、牀單(シーツ)、臥具(寝具)、それから一切の日用品をお盆に載せて(新しいお盆を使用)神様、菩薩さま、十方大德眾僧(十方にいる徳の高い僧侶),三寶(仏宝、法宝、僧宝)と功德が得られるよう,そして多くのお坊さん と神様の力を借 りて、現世の両親、および六親の家族が「三途の苦」(三途とは、地獄道、餓鬼道、畜生道、の三界の中の一切の衆生が受ける苦のこと)から抜け出せるように、お供えします。もし、両親が健在の人は、両親の健康を守ってもらえるよう祈ります。福と楽が百年続きますよう、そしてそれが七世の父母に及びますよう、(私たちはみんな輪廻を繰り返します)、亡くなった人が天国に行き、無限の福と楽が得られますように。上記のことは、私たちが親孝行をするようにという意味です。そしてそれが、七世の父母に至るように、毎年七月に親孝行の行いでもって父母を思い出すことが出来るように、「盂蘭盆」(うらぼん)で行うことによって、神様にお供えし、お坊さんたちがお経を唱え、両親がいままで養ってくれたその恩に私たちが報いるためなのです。
続く
........................................................................................................................................................................
<ミールクーポン>
主人と息子、アシスタントの青樺と一緒に夕食をとりに出かけました。
家を出る前に何を食べるか考えていて、ずいぶん前に買った「ミールクーポン」のことを思い出し、
それを使うことにしました。レストランについてみると、クーポンの価格は定価よりもずいぶんお得で、みんなとても喜びました。
クーポンは400元しなかったのに、メニューの定価は二倍以上。とてもコストパフォーマンスが良かったのです!
料理は豊富で、みんな大満足。私たち4人で3枚のクーポンを使っただけでした。
とても楽しいひと時を過ごせたことを、レストランに感謝いたします。これからも、もっとお得なクーポンが買えるといいですね。
https://www.facebook.com/100000532500602/videos/1771653906195676/
........................................................................................................................................................................
《お昼のデート》
この二日間、娘の延延が私に附き添って病院に一緒に来てくれました。昨日は栄総病院で検査をし、今日はまた病院に戻って結果を見に来ました。そのあとは武昌街の天心中医院に出向き、まるでお兄さんの様に私の面倒を見てくれる、陳南洲院長に診ていただきました。薬物の副作用から、私は手足に筋膜炎をおこし、ここのところ大分良くなってはいますが、つき添ってくれた子供たちにいろいろ面倒をかけたので、とても申し訳なく思います!ちょうど昼頃に診終えたので、いっそのこと私たち親子二人でお昼のデートとしゃれこみました。私たちは老舗の「明星西餐廳」というレストランに行きました。こんなにゆったりと昼食をとるのは、本当に久しぶりです。私と娘とで楽しい昼のひと時を過ごせて、とても嬉しかったです。今度また時間があったら、ぜひ今日みたいにゆっくりできるチャンスを逃さないように、楽しみたいものです。子供たちには、私の為に時間を割いて付き添ってくれたことに感謝したいです。私の可愛い子供たち、本当にどうもありがとう!あなた達をとても愛しています!
........................................................................................................................................................................
今日は本当に私の一番ラッキーな一日です。
午前中、栄総病院にCTスキャンの検査に行きました。病院について番号札を引くと、52番でした。まだその時は16番までしか受診できていません。CTスキャンの検査は一人30分ほどかかるので、今日は恐らく午後まで待たないと私の番号まで呼ばれないと思っていました。実は私の血管は細いので、なかなかうまく点滴や注射がが打てません。ですので、ナースステーションで先に軟らかい針(留置針)を打ってもらいに行きました。予め打っておけば、後で造影剤をすぐに注入できると思いました。通常ならば、私のような打ちづらい血管の人は皆避けたがるものですが、今日は幸運にもすぐに打てました。軟らかい針も入れてもらったので、待合所で座って待っていました。そのうち26番が呼ばれ、次は私の名前が呼ばれました。一瞬耳を疑ったのですが、本当に私の名前が呼ばれたのです。早々に軟らかい針を打っておいたお蔭で、早めにCTスキャンを受けることが出来ました。あと34時間はかかるだろうと思ったのに、なんて嬉しい事でしょう。それから家に帰ってみると、私の大好物の「蛋餃」(卵でつくった餃子)が届けられていました。私がこれが大好きだと母は知っていて、母の愛情いっぱいの「蛋餃」は三番目の妹が送り届けてくれました。また、私の良いお友達の候科長も、この日美味しそうなマカデミアナッツのクッキーと「米香」(お米のお菓子)とヌガーを贈って下さいました。どれも大変おいしくて、自分は本当に「口福」(美味しいものに恵まれる)に恵まれているなあ、と思いました。もともと私はあまり甘いものは食べないのですが、今日は結構いただきました。母と、候科長に感謝します。午後は息子の智鴻の誕生日を祝いました。今日は本当に私にとって幸運な一日です。これからもこんな幸運な日が毎日続いてくれるといいのですが。どうぞ皆様も、私のような幸運な日が毎日続きますように!皆様が幸福でハッピーでありますように!
 描述: C:\Users\user\Desktop\ゆう\fb photos\20767927_1765969213430812_6017622689512783089_n 1.jpg  描述: C:\Users\user\Desktop\ゆう\fb photos\20842115_1765969200097480_6961748810031562260_n 2.jpg  描述: C:\Users\user\Desktop\ゆう\fb photos\20842040_1765969216764145_5612242158422864332_n 3.jpg
........................................................................................................................................................................
心配になった記事
今日、この記事(中国語)を見て本当にちょっと心配になりました。どうして社会はこんな状況に陥ってしまったのでしょうか。一番重要なのは、今の若者には未来を思い描くことが出来ません。だから結婚もしたがらないし、家庭に対する責任を取るのが怖いのです。正直言って、国家や社会、家庭その全部が責任を果たさないといけません!問題の大部分は国家です。心の底から、私たちの国家が、次の世帯にもっと広い道を準備してほしいと願います。次の世帯の人たちが、悩んだり困ったりしないような生活ができるように。また皆さんが平穏無事で万事順調でありますようにお祈りします。神様が皆さんをお守りくださいますように!
(写真はET NEWSより)
http://www.ettoday.net/news/20170814/988381.htm?from=etnews_app
........................................................................................................................................................................
「手をつなぐ」
二日前、仲良しの友達夫妻が、我が家の下で出をつないでいるところにばったり出会いました。私ともうひとりの友達が奥さんに「あなたは本当に幸せね、ご主人は本當にあなたを愛してる!」と言うと、奥さんはちょっと不愉快そうに「やめてちょうだい」と一言。私は驚いて、奥さんに尋ねました。「あなたは不幸せだっていうの?」「違うわ!」と彼女は言います。
この奥さんはとても善良な女性なのです。でも、彼女は外国人の方で、彼女の故郷では夫婦が手をつないでいると人に笑われ、老公(ダーリン)、老婆(ハニー)と呼びあうと、また人にあれこれ言われてしまうのだそう。だから奥さんはいつもご主人の手を振り払っていたのでした。私はこの機会に、この奥さんにひとつの教えを話しました。
「手をつなぐ」のは夫婦の関係がとても良いことの証し、ご主人の奥さんへの愛情表現なの。どうして人にとやかく言われたり、見られることを怖がるの?人生はとても短くてはかないもの。もう手をつなぐことが出来なくなる日が来た時、あなたはどう思うかしら。
あなた達夫婦が手をつなぐことをあれこれ言う人は、心に問題があるの。嫉妬や、羨ましさがそうさせるのね。他の人のことなど気にしないで、あなたは自分が幸せかどうかを考えればいいのよ。それに、ご主人の手を振り払ってしまうのは、彼に対しても失礼だし、見下しているようで、彼を傷つけてしまうかもしれないわ。
奥さんに「あなたはご主人に他の人と手をつないでほしいの?」と尋ねると、「そんなことは望んでいない」と彼女は答えました。
あなたがご主人を愛しているのなら、彼を大切にしなさい。もう二度とそんなことはしないで、幸せをかみしめて、縁を大事にしてね!
奥さんは私の話を聞くと、悟ったようです。私の話しに感謝して、これから変わると言いました。私も、この夫妻がますます仲睦まじく愛し合うこと、末永くともにおられることを願っています。そして、みなさんが幸福に満ちていることをお祈りいたします。
........................................................................................................................................................................
ご予約希望の皆さまへ
平素、日月命理館をご愛好賜り誠にありがとうございます。
 三年前にも私自身の体調の件で皆様にお話させて頂き
ましたが、再び少々体調がすぐれないなか、無理を重ねた
結果、残念ながらしばらくの間療養が必要であると診断され
ました。
 
今後のご予約に関しては、私自身の体調を考慮しながらの
受付とさせて頂きたいと思います。従いましてご予約希望の
お客様にはご迷惑をおかけする事になるかとは思いますが
ご理解頂けますようお願い申し上げます。
 
少しでも早く元気な姿で皆様にお会いできるよう私自身も精進
致しますが、皆様におかれましてもお体ご自愛下さいませ。
幸多き日々をお互いに過ごせますようお祈りいたします。
 
日月命理館 魏嘉誾
........................................................................................................................................................................
お経のことについてのお知らせ
いつもご愛顧して頂き、誠に感謝しております。
お経のことについてですが、
2017822日~919日は「鬼月」ですので、
この期間中はお経を唱えないようにし、
920日からまたお経を唱えて下さい。
もし唱えたい場合は、お経をワンセット(108)唱え終わったあと、
自分の氏名と住所を言ってはいけませんので、直接:
「願わくばこの念仏の功徳をもって、眾生(しゅじょう)に回向し、
離苦得楽、西方の極楽浄土に往生させるよう、お願い奉ります」
とお唱えください。
般若波羅蜜多心經を唱える場合も上記の唱え方で唱えて下さい。
今後とも、日月命理舘をご支援のほど、心よりお願い申し上げます。
........................................................................................................................................................................
《年齢のタブー》
最近、多くの有名人が年齢において色んなトラブルに巻き込まれています。後の数字が9、或いは二つの数字を足したら9になる、また或いは後の数字が4と、足したら10になる年齢は、あまり理想的だとは言えません。皆さんもどうぞお気をつけください。これらの数字もいわゆる一つの「関」(危機)といえます。例えば、10,19,55,63,64歳の方が当てはまります。もしかしたら、沢山の人はこの数字のタブーをあまり信じないようですが、皆さんどうぞ、周りの人たちにこの様な例がないかどうか、見てみて下さい。私自身、これらの数字の年齢に関する研究をずっと続けていますが、これはとても霊験あらたかなことだと感じています。皆さんはなるべく自分の年齢が1,,,,,,8であれば、口に出して言っても構いません。これらの数字は、年齢の二つの数字を足した数です。皆さんがご理解しやすいように、そして平穏無事で健康でありますように、私自身の経験をお伝えしました。更に、どうぞ皆さん万事順調でありますように!
........................................................................................................................................................................
半世紀あまり生きてきて初めて、閏月(ふたつの6月)にふたつの台風が来るのを見ました。まことに不思議な現象です!
ここ1~2年、台湾は数多くの天災や人災に見舞われています。
国家のリーダーにしっかりと福業(善行)を積み重ねていただき、私たち国民
平和に、安心して、この美しい土地の上で暮らしていくことが出来ることを願っています。
皆さまがご無事で、平穏でありますように!どうか幸せでありますように!
台湾に天のご加護を!皆さまに天のご加護を!
........................................................................................................................................................................
「新しい命の誕生」
今日はとても嬉しいことがありました!
お友達とお客様のお嫁さんが帝王切開をするので、
私は彼女の為に良い日取りを選びました。
そして昨日、とても可愛らしく美しい命が誕生しました。
心からお祝いとお喜びを申し上げます。
昨日はとても良い日なので、
この赤ちゃんはたくさんの福をもたらすことでしょう。
平穏無事に、すくすくと育ちますように!
健康をお祈り申し上げます!
 ........................................................................................................................................................................
旧暦の7
最近、多くの天災や人災が発生していて、大変心が痛みます。よく考えましたが、やはり皆様にこの文章をシェアしたいと思います。
時間が経つのは本当に早いもので、今は旧暦の閏六月ですが、実際は旧暦の七月と同じです。また、今年は「雙春潤月」といって、閏月があって立春が二つあるので、災難が比較的多く発生するので、安全には十分に注意してください。旧暦の七月と言えば、皆さんもご存知と思いますが、鬼門が開く時期です。ですので、やはり皆様には、交通安全などに注意して頂きたいと思います。なぜなら毎年旧暦の七月が訪れると、必ずなにかしらの災難が発生したり、既に死んでしまった魂に狙われて身代わりとされたりするからです。夜11時以降は、仕事などの場合を除いて、なるべく外出を避けるようにしてください。また、海辺に近づいたり、山に登るなどもなるべく避けるようにして下さい。もし、旧暦の七月の夜、後ろからあなたの名前を呼ぶ声が聞こえても、なるべく振り返らないでください。もしそれが本当にあなたの知り合いやお友達でしたら、きっとあなたを追いかけてもう一度声をかけるはずです。ですので、皆さんも安全には特に注意してくださいね。皆様の平安と無事、健康をお祈りいたします!
........................................................................................................................................................................
「出発」
二日ほど体調が良かったので、私はゆっくりと、愛するオフィスの片付けをしました。この二か月の休養中、私がいない間にはアシスタントたちも敢えて中に入って私の物に触ることは出来なかったので、オフィスの中は混乱を起こしていました。お客様やお友達からの贈り物、私の書類や20年来のお客様の資料と命盤。これらの物で埋め尽くされ、オフィスが小さく感じられる程でした。今ならちょうど整理をする時間があります。月末には仕事を再開するので、自分自身とお客様の為にオフィスをリニューアルしたいと思います。
これは、ひととき自分の中に閉じこもるチャンスととらえ、新たに出発する時には、更に多くの人々の手助けが出来ればと思います。また、お待ちいただいている皆さまに感謝を申し上げます。皆様の平安と喜び、ご健康をお祈りしております!
........................................................................................................................................................................
「ムーミンカフェに行ってきました!」
皆さんお早うございます!昨夜は幸運な事に、家の向かいに出来た「ムーミンカフェ」に入ることが出来ました。毎日店の前に大勢の人が並んでいるのを見て「入ってみたい」と思っていたのですが、息子の智鴻がたった15分並んだだけで、ついに念願が叶いました。
 
退院してからというもの、私が転んだりすることを恐れて、出かける時は必ず子供がひとり付き添ってくれています。私はとても幸せ者ですね。夫と子供たちに、本当に感謝をしています。
 
私と息子の智鴻で「ムーミンカフェ」に入ってみると、どうやら私が一番年上のお客のよう。これは新鮮な驚きでした!でも、私だって「年長ムーミンファン」ですからね、アハハ。たくさんの可愛いぬいぐるみたちと一緒に写真も撮れて本当に楽しかったし、薬の副作用も段々と良くなり、顔中に出来てしまった吹き出物も無くなってとても嬉しいです。栄総病院の陳育名主任と可愛らしい夏盈璇さん、私の顔をきれいにしてくれて、本当にありがとうございました!
 
暑い日が続き、風邪をひいたり熱中症になる人が増えています。みなさんもどうぞ体調にお気を付け下さい。みなさんの平穏無事と健康をお祈りいたします!
........................................................................................................................................................................
《二つの芸術品》
私のよいお友達である、日本人の澤田さんと漆原さん、梅田さん、工藤さんの四名の方たちは、数日前SOGOデパートで多くの芸術品を展示していました。私は偶然に二つの芸術品を見つけ、それらの芸術品が大変気に入り、また彼らを応援したくて、二つの芸術品を買いました。澤田さんは私が抹茶を飲むことが大好きなことを覚えていてくれて、彼も私にいくつかの高級抹茶と高級茶筅をプレゼントしてくれました。本当に大変感謝しております。人と人の間の感情は、本当に奇妙です。大変短い時間でも遠く離れた人とよいお友達になれます。天が手配してくれたことに感謝せずにはいられません。私は休養している間に多くのよいお友達と知り合うことができました。四名の日本人のお友達に大変感謝します。私は彼らがどんなところで彼らの芸術品を展示しても、商売繁盛するよう、多くの貴人(助けてくれる人たち)が現れて彼らの芸術品を気に入って買ってくれることを心から願っております。
 
........................................................................................................................................................................
「石の獅子」
今日偶然通りかかった廟で見かけた二基の「石の獅子」は、一基は口を開け、一基は口を閉じていることに気付きました。一般的に宮廟の外に置かれている石の獅子は口を閉じていて、台湾では一基が口を開け、一基が閉じているものはあまり見かけません。私の主人はいたずらっぽい口調で言いました。「この石の獅子の意味を賭けてみようか。信じられるかい?一方の獅子がつまらなそうな表情をしている。もう一方の獅子はとても嬉しそうだ。彼らはちょっと酒を飲んだんだよ、はは!」「それは面白いアイデアね」そして私は主人に、こう説明しました。
あの二基の石の獅子は、一基がオスでもう一基はメスなの。青龍(左)側がオスで、白虎(右)側のはメス。それから、口を開いているのはオス、閉じているのがメスよ。彼らの表情には意味があって、口を開いているオスの獅子は威厳があって、睨みをきかせている。口を閉じているメスの獅子は従順さや、夫に仕え子を育てることを表しているのよ。一般的なメスの獅子は赤ちゃん獅子を抱いているでしょう。
どうして一般的な宮廟や一部の大企業が石の獅子を表に置くと思う?彼らは財を招き、邪気を払う効果があるの。でも、風水の原理では、一般家庭にはあまり向いていません。石の獅子を置くことで他人や自分自身を傷つけてしまうこともあるので、十分注意をすることが必要です。皆様の平穏無事をお祈りしております。
 
........................................................................................................................................................................
ある友達の質問
この二日間の中で、突然ある友達からこんな質問をされました。「先生!先生は将来どんな婿を探したいですか?」これは良い質問ですね。子供達はみんな今のところ未婚ですので、私は即座に友達の質問にこう答えました。「子供達の考え方はわからないけど、私自身の願いとして、経済はともかく、本気で娘のことを大事にする婿であってほしいです。もちろん基本的な家庭生活を支えられる人でないといけません。必ずしもハンサムじゃなきゃいけないというわけではないですけれど、見た目の印象が良ければそれで良いです。私の要求はただそれだけで十分なのです。娘に優しく、そして娘に関係のあるすべての人を愛せる人であれば、もうありがたいです。仕事の関係で、私はずっ と結婚相手というのは運命で定められていると信じています。縁の流れに身を任せばよいのです。誰と一緒に食事をするのかさえもすでに決まめられているのです。ですので、あまりにも理想的な相手を求めすぎていては、一生に一回の大切な出来事を見逃してしまう可能性があります。今の若者は「三高」が一番理想的だと思っているみたいです。高学歴高収入高身長、そしてイケメン。たとえこれらの条件をすべて満たした相手を探すことができたとしても、本当に円満な状態に達することができるでしょうか。中国語の諺で、「千里姻緣一線牽」という言葉があります。「縁のある男女の仲は、たとえいくら遠くに離れていても、結ばれる運命になっている。」ということを意味します。たとえあなたがどこに いても、縁が来たら自然と運命の相手と巡り合えます。独身の方々が良い伴侶に巡り会えますよう、幸せになりますよう、心からお祈り申し上げます。
以上はあくまで私自身の考え方で、子供達の考え方ではありません。もしも何か至らない点がありましたら申し訳ございません()どうぞみなさんよろしくお願い致します。
........................................................................................................................................................................
オフィスの絵
みなさんおはようございます!今回の入院で手術をする際のついでに、息子にオフィスを新しく整理整頓するよう手伝ってもらいました。そしてふと気がついたのが、いつも私の背後には台湾地図があったんですね。そして今回、ある有名な画家に描いて頂いた、この九品蓮の花の絵を飾りました。とても温かくて、尚且つ荘厳な雰囲気を失わない、優雅で穏やかなオフィスに一変しました。以前の台湾地図は、どこかストレスを感じ、心の静けさが保たれていませんでした。忙しくて疲労を感じることが多かったです。ですから、風水の学問というのはとても奥が深いです。二つの絵を対比して見ると、まったく違う感覚です。昔の様子と今の様子、みなさんはどう思いますか?私と同じ感覚を持ちますか?
........................................................................................................................................................................
退院後の感想
やっと退院しました。やっぱり自分の家が一番いいです。今回27日間の入院生活で、手術を二回受けました。私にとっては、大きな挑戦でした。体の痛みはありますが、心は大変落ち着いています。体はまだ休養が必要ですが、心は大変軽いです。今回の入院生活の間は、兄のような存在である許文虎教授ご夫妻と入院担当のお医者様と美人の看護師さんたちに大変お世話になりました。私の心の中は感謝の気持ちでいっぱいです。病院のスタッフの皆さんには仲よくしていただき、退院時には可愛い看護師さんたちと看護師長さんから愛のこもったプレゼントをいただき、皆さんの温かさを感じました。退院することは嬉しかったですが、退院したくない気持ちになりました。ですが、多くの方々が私を待っているので、長く入院しているわけにはいきま せん。私は入院中いろいろな事情を見てきました。もしかしたら神様が私に多くの違った事情を見せてくれたのかもしれません。また、体を壊してしまい、自分の体に対して申し訳なく私は深く反省しました。私の愛する友人の方々はわざわざ病院へお見舞いに来ていただき、励ましていただきまして、非常に感謝しております。
「先生はずっと他人の運命を占い、災いや厄を取り除くお手伝いをしているのに、自分の問題はどうして解決できないのか」と最近ある人に言われました。大変良い質問です。占い師である私は、他人の運命を占うことができます。もちろん自分の運命も占うことができますが、私は「使命」を持っている人間です。生まれながらに渡化眾生の道を行く運命を持っています。「使命」を持っている人でも病気になるし、長生きするとは限りません。人は五穀雑糧を食べて成長し、古い昔から今まで病気をしなかった人はいなかったと私は以前言ったことがあります。良い修行をした人は、たとえ年をとっても病気になっても人生の最期まで歩き続けることができます。私たち占い師は人のた めに災いや厄を取り除くことができる力を持っているだけです。多くの人々の災いや厄を取り除くために、災難を受け止め、自分が積んだ徳を人々に分け与えています。もちろん衆生の業障を背負ってしまいます。衆生のために災いを背負ってしまいますが、神様が災いを福にかえて、私を守ってくれます。名言のひとつが「私が地獄へ行かないで、誰が行くの?」と良い事を言っています。もし私が災いをこわがるようなら、私には神さまに携わる仕事をする資格がないと思います。昔、天の神様は、災難を克服するため、何万の災難に立ち向かって修行を積み重ね、ついに神様になりました。私たちはそんなに偉大ではありません。もし私が40年多く生きたとしたら、それは神様が私にくださったのです。今後は、神様に応えるためにも、私は寝食を忘れて仕事はしないで、自分の体を大切にして行きます。ですが、私は仕事に全力を注いでいくつもりです。私の愛する友人やお客様の皆さまが健康で幸せでありますようにお祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
哀悼!「看見台灣」を制作した齊柏林ディレクター及びスタッフ二名の皆様が、無事に西方の極楽浄土へたどり着かれますように、心よりご冥福をお祈り致します。
先日の新聞によると、飛行機の墜落事故によってこの優秀な人材を失いました。本当に人生の無常を感じざるを得ません。愛国についていえば、私は本当に故齊柏林ディレクターが最も上位に挙げられると思います。一部の執政者や政治家が言うような口先だけのきれいごとと違って、彼が撮影した「台湾」は本当に美しく、全世界の人々に「台湾」を見せてくれました。初めて「看見台灣」を見た時、私は本当に深く感動しました。最初は、なぜ「台湾」を撮りたい人がいるのかと考えました。しかし見終わった後、このような人は本当に偉大だと思いました。なぜなら、彼らはこの美しい土地を撮るためにとても丁寧に仕事をしていることが感じられたからです。私は本当に彼らを尊敬いたします。「台湾」は本当に美しい宝島です。皆様がこの美しい国を心から大事にしてくださいますように、強く期待しています。また台湾に神様のご加護がありますように。皆様にも神様のご加護がありますように!
........................................................................................................................................................................
《台湾の風俗と人々の心情-1
最近結婚する人が、特に多いような気がします。ある日、一人のお客様が突然私に質問しました。「先生、私これから結婚する予定があるんですが、他の人の結婚式に行ってもいいんでしょうか?」そのお客様に、こう答えました。台湾のしきたりでは、新婚の方は4か月以内に、結婚式やお葬式に行くことができません。それはどうしてかというと、「冲煞」といって、悪い事が起きるのを防ぐためです。現代の若い人たちは、ますますこのようなしきたりを取り入れようとはしません。俗に、万が一に備えれば憂いなしと言いますよね。皆さんもどうぞ、頭ごなしに古い考えは良くないと考えずに、昔の人の知恵を信じてみて下さい。どうぞ皆さんが万事順調でありますように、幸福に満ち溢れますようにお祈りいたします!
........................................................................................................................................................................
お客様の赤ちゃん
みなさんおはようございます!ここ二日間病院で休んで、比較的正常になった感じがします。今後はこの形に基づいた生活を取っていくことになるでしょう。今後は自分をあまり疲れさせるようなことをしないようにしないといけませんし、夜更かしをやめ、朝ちゃんと仕事ができるようにします。
この二日間、何人か生まれたての赤ちゃんを見る機会がありました。心から本当に嬉しく思います。特に私のお客様のご夫婦にめでたく赤ちゃんが誕生しました。なんて可愛いんでしょう! 私も赤ちゃんの名前を付けるお手伝いをしました。「鐘晨維」といいます。ご両親のお許しを得たので、ここでみなさんにシェアします。また、赤ちゃんが無事元気に成長してくれることを希望します!
........................................................................................................................................................................
《ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想13》
続き…
前の内容でもお伝えしましたが、「乩生」(神様の代弁者)になるということは、前世で神様に借りがあったというわけで、今世ではちゃんと修行をし、神様の恩情にきちんと報わなければなりません。だから、貪欲であってはいけない、大酒を飲んではいけない、異性関係を慎む、人を陥れてはいけない、賭博をしてはいけないなどの修行を積まなければいけないのです。
神様の代弁者になるということは、栄誉あることです。そのため、自発的に規律を守り、慈悲の心を持ち、一本のろうそくの様に自らを輝かせ、周囲の人たちに明かりを照らさなければいけません。なぜなら、神様にお伺いをたてにくる衆生は、みな何らかの困難があって来るのです。ですので、心に善の念を持って接しなければ、神様からお力を授かることが出来ません。そうすることで、神様から良いパワーを頂き、多くの人々を救うことが出来るのです。もしも不真面目な「乩生」ならば、神様はすぐにもこの特殊な能力を封じてしまうことでしょう。神様はいつでも見守っている、というのはこういうことです。皆さん、私の感想をずっと読み続けていただいて大変ありがとうございます。もし不適当な表現があった場合は、どうぞお許しを。どうぞご了承くださいね!
........................................................................................................................................................................
《ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想12》
つづき…
卒業式を迎える前に、私たち乩生(神様の代弁者)は、まず一週間「坐禁」をしなければいけません。いわゆる「坐禁」とは、外界と接触を断ち、ある部屋に閉じこもって、野菜や果物だけを食べ、禁欲します。部屋の中で静かに座って修行するのですが、もしきちんと「坐禁」ができていなかった場合、卒業式の当日に五宝を扱う時にトラブルが起きるのです。以前、ある師兄が「坐禁」の修行を徹底して行えなかった者がいて、卒業式に七星剣を扱う時になって、剣が手から滑り落ち、背中に当たって肉をそぎ落としてしまって、血がどくどくと流れ出した光景を見たことあります。乩生であるからには、色んなルールを守らなければいけないのです。善良で誠実であること、それから貪欲であってはいけない。大酒を飲んでは いけない、異性関係を慎むこと、人を陥れてはいけない、賭博をしてはいけないなどなど…自分にある種の能力があるからといって、やりたい放題をしてはいけないのです!これは間違った考え方です。神様を代言する者として、一人一人の乩生には、沢山の試練が課せられるわけです。もし諸々の試練をくぐり抜けることができなければ、乩生は普通の人々よりも苦しい人生を強いられることになります。これは私が個人的に経験したことです。もし不適当なところがありましたら、どうぞお許しくださいね!
…続く
........................................................................................................................................................................
《ドラマ「通霊少女」を見ての感想11》
前回からのつづき…
私たち「乩生」(霊媒師)は、卒業試験を受ける時、ひどく緊張してしまうことがあります。私が緊張したのは、試験を受ける前、師兄(男性の先輩)が特別に五宝「1.七星剣、2.銅の棍棒(狼牙棒)、3.月斧、4.サメ歯の剣(骨刀)、5.刺の鋼球」を処理をしてくださったためです。七星剣は鋭く、輝くように磨き上げられ、「これで、剣を落とすことはない」と師兄は言いました。私は師兄が剣を研ぐのを見る度に、足元から寒気が立ち上ってくるのを感じたものです。みなさんもきっと、廟の中で乩生が神様の代弁をする光景をご覧になったことがあるでしょう。私は「文衡聖帝 關聖帝君」の乩生なので、緑色の衣装を準備しました。十年以上も着ておらず、血の跡もついているのでしまい込んだままですが、機会があればみなさんに写真をお見せしましょう。自分が神の代弁者になるのはとても意味があると、時々思います… つづく
........................................................................................................................................................................
《ドラマ「通靈少女」を見終わってからの感想10
前回からの続き…
初めて占いのテーブルに座った時を思い返すと、あれは本当に特別な経験でした。通常お寺に入った時に一番最初にすることは、線香を立てることです。そして神様に自分の名前の生年月日、住所、願い事を報告します。それから乩生(神様の代弁者)の隣で神様からお示しを頂くために、自分の聞きたいことを話します。こういう神様に答えを求める儀式を中国語で「問事」といいます。一名の乩生(神様の代弁者)につき、一名の桌頭(神様の意志解釈者)がつきます。奇妙な事に、桌頭の方から信者の名前、そしてどんなことを聞きたいのかを聞かれたとたん、私の体はすぐに神様にとりつかれ、私が求めようと思っていた質問の答えを、私の口から言ってしまいました。それから桌頭の方が通訳をするのです。もしも信者が困った時や助けを必要とした時は、神様も同じくお札を書きます。私がまだ乩生になる前に、先輩たちも同じようなことをしてくれました。こういうやり方を信じない人も恐らくいるかもしれません。だけども善の心を持っていれば、神様から頂いたお札はとても効果があります。効果があり過ぎて信じざるを得ません。古来より現在まで続いてきた状況はみんな同じです。私たちのお寺の中で、師 が育てた乩生は約百人から二百人くらいいます。ですから私たちのお寺はまさしく乩生を育てる専門学校みたいなものです。あるレベルまで達すると、テストがあります。また「卒業証書」を受け取らなければなりません。これらのすべての段階を終えると、やっと一人前の「神の代弁者」になれるのです。…つづく。
........................................................................................................................................................................
《ドラマ「通靈少女」を見終わってからの感想9》
前回からのつづき…
霊媒の訓練を始めたばかりの頃は、大変辛いものでした。初めてだったこともあり、神様に乗り移られても、お帰りいただくことができなかったのです。
いわゆる「退駕」、霊媒が終わった後に神様が体から離れていくことですが、始めたばかりの頃はそれが出来ず、師匠や先輩方に助けていただきました。それから日々を過ごすうちに段々と、私は神様に助けを求めるべきだと気づいていき、ゆっくりと「退駕」を学んだのです。霊媒の世界に足を踏み入れた最初の頃、この世界はとても奥が深いと感じました。
どうして私たちには霊感があるのだろう?神様が降りてきて、人々の悩みを解くことができるのは、本当に不思議な事でした!そして、いったいどれだけの奥深さがあるのか理解したいと思い、この世界をひとつの学校ととらえ、毎日まじめに勉強に励みました。幼稚園、小学校から大学へと進むように、どの段階にもそれぞれ異なる感覚に満ちていたので、真剣な努力が必要でした。
初めて占いのテーブルの前に座った時の緊張感と新鮮な気持ちは、とても特別なものだったことを覚えています。けれども私は一切を神様たちを主として託せば良いと知っていました。自然に任せれば、リラックスすると…。
(つづく)
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想8
つづき
以前お話したことがありますが、神様が私の願いを叶えてくれることを手伝って下さるなら、私は喜んで修行に励むでしょう。一度お願いをし、それに基づいて願いが実現すれば、みなさんはきっと「天命」を持った方はどうやって修行したのかしら?と興味を持たれることでしょう。そこで、ここで私が経験したことをみなさんとシェアしたいと思います。どうかよろしくお願いします!
神様と約束した時間に、私はどうやって修行をするのかを学び始めました。一日目に私はお寺に行き、師匠と師姉(女先輩)が私を神様のおられる机の前に連れて行きました。以前私は師匠や先輩が神様にのりうつられている姿を見ただけで、本当に恐怖を感じましたし、自分の心で本当なのかしらとも思いました。
そしてある日、ついに自分の番が廻ってきました。神様の代弁者としてすわる座席に私が座り、あのとき、私は考えもせず座りました。師匠の「リラックスしなさい。」の一言を聞いて、突然ある強力なパワーが出てきました。私は頭を何度か振り、さらに自分でもどこからそのパワーが来たのかわりませんが、なんと机を力強く叩きました。これは神様がされた動きで、もしも自分で経験したことがなければ絶対に口では説明できないことです。この強いパワーは普通の人ではできないことで、まして私は女性ですから、みなさんは尚更関心があるでしょう!あの机はとても丈夫なものでしょうか?もちろん特別に作られたものなので、どんな強い力でも壊れてしまう事はないのです。まして私たちには何名もの先輩がいて、みんな順番に行っているのです。
~~~つづく
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想7
つづき…
前回は、神様に願いが叶うようにお祈りしたいきさつを書きました。天にいらっしゃる神様が私の願いを実現してくれるのなら、私は言いつけ通り廟に入って修行すると言いました。すると、廟の私の先輩が長卓から突然すっと立ち上がりました。実はこの先輩は、関聖帝君(恩主公)の乩身(神様の代弁者)で、その時まさに関聖帝君が天から降りてきて、先輩の体にのりうつって、お札を一枚私に書いてくれたのでした。そのお札を家に持ち帰り、土地公の神様の前にある香炉で燃やすのだそうです。言われた通りにそのお札を燃やすと、とても不思議なことが起きました。その日の夜、(確か記憶には、月曜日の夜だったと思います)いつものように床に就くと、夢の中で神様から一組の番号がはっきりと告げられました。20年前では、毎週火曜日と木曜日に、六合彩という宝くじの発表がありました。その当時の私はとてもお金に困っていて、実は自分でも半信半疑だったのですが、ありったけのお金の1300元を持って、お告げの在った番号の宝くじを買ったのでした。発表当日は、本当に当たるのかどうか、とても緊張して気が気ではありませんでした。ところが、発表された六つの番号は、本当に神様からお告げのあったその番号だったのです。最後の特別番号までもが当っていたのです。当時は三ツ星の番号だけで四ツ星はなく、今回の番号で当たったのは40何万元。その日の夜は、主人と私は嬉しいやら、びっくりするやら、なぜならその賞金でローンと他の人たちからの借金も返せるわけですから。後日、賞金を頂いたその足で廟に向かい、神様にお礼を言いに行きました。そして、修行はいつに来ればいいのか、神様に聞きました。
…続く。
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想6
つづく…
夫と知り合った後、彼は私が別の人の運勢を伝えている場面を何度か見てきたので、彼は私が算命の仕事の勉強に行くべきだと思ったのです。そこで、彼は銀行に行って、私に命理の知識を学ぶよう何十万元かのお金を借りてきたのです。20年前の学費は本当に高かったです。これはまだ一つの知識でしかありません。その後も引き続き何名かの師匠に頼んで学びました。かかった費用は本当に少なくありません。でも話を戻すと、私の経験では、もしこれらの学問がなければなんの力も得ることができないし、多くのことを進めることができません。そこで私は命理を学ぶ一方で修行をし、私は人の話をよく聞くようにと考えるに至りました。修行の過程では閉じこもりました。まず最初にお寺の中に入り、私の体にはびた一文のお金も無いことを話しました。また、夫は銀行に出向いてまで私が学業を成し遂げるのを助けてくれました。私はあの時、別の人にお金を返すために他の人にも多少お金を借りていました。そこで半信半疑でお寺の中 に入り、神様に申し上げたのです。私は神様に言いました。神様たちは私が「天命」を持っているというのです。私もどの神様が一番主となる神様はわかりません。私はどうやって修行するのですか?二日過ぎたら私はお金を返さなければいけませんが、今私はどこにいるのかすらまだわかりません。もし神様たちが本当に私が行うことの代わりをしてくれるならば、お姿を見せて私を信じさせてください。もし実現したら、私はきっと承諾するでしょう。結果は… つづく
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想5
つづきです。
みなさんは、想像することができますか?最も悲しく哀れなのはどの様な人でしょうか?
この世で最も悲しく哀れな人は、離婚、事業の失敗、破産、病気、裏切り、騙される…などに直面する人です。信じられますか?私はこの全ての事を体験しました。とても災難が多い人生です。ですので、ときに思いつめてしまう原因はそのような理由だったのです。そして無一文でしかも子供を養わなくてはならず、あるときにはポケットの中には本当に一毛銭もなく、仕事も上手く行かなくて、心の中で、神様は本当に私の人生を終わらせたいのだろうか?と考えました。ですがふと、私は自分の大事な子供達の事を思い出し、もう少しのところで思いとどまることができました。私は力を振り絞って、一日に2、3の仕事を掛け持ちしながら働きました。お給料はとても少ないものでしたが、そ れでも 少しの間は貧しさを何とかすることができました。運が悪い時には、どんなことも起こり得るものです。やっとのことで得られた仕事も、何日もしないうちにその会社が倒産するという問題に遭ったり、連続してこのようなことが起こり、私はどこで誰にどう助けを求めて良いのか、途方に暮れていました。その後、偶然一人の友人に会い、台東へ行って観音菩薩様の代弁者であるという林師匠に会うようにと言いました。自分の運気を求めて台東へ出向くと、観音菩薩様は私に台北の龍山寺の後殿に祀られている媽祖様のもとへ訪れ、助けを求めるようにと指示されました。その時、私は離婚して既に6年が経っていましたが、不思議な事に、媽祖様に助けを求めた後、程なくして劇的な変化のチャンスが到来しまし た。今の主人と出会ったのです。本当に多くの変化に満ちた人生です・・・続く。
まるで自分の自叙伝を書いて皆さんにお見せしているようですが、どうか多めに見てくださいませ。皆様、ありがとうございます!
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想4
つづき……
前回の文章で、ある友達がお寺に連れて行ってもらったところまで話が終わりました。あの時の私は、無一文な状態で、仕事も上手くいっていなかったし、とにかくとても悲惨な状況でした。当時、もう本当に苦しくて生きられなかったもんですから、自分の難題を解決したかったのです。お寺に入った時、私の師匠は一番最初に、「あなたは神様から頂いた使命を基に、ちゃんと修行をしなければならない」と言われました。また、神様がある姉のような存在の先輩にのりうつっているのを見た時、少し怖くて尚且つ拒む気持ちがありました。しかし不思議です。あの時、私の足がお寺に入った瞬間、何かしらの力が働いて私の足は動けずにいました。その場から逃げたかったんですけど、どのようにして逃げるのかもわかりませんでした。でもふと考えたのです。どっちみち、もう何もかも無くしてしまったので、なぜこの機会を利用して神様に尋ねないのだろうと思いました。最初は師 と姉が気脈を通じ合って私に何かを伝えようと思ったんですが、そのあとにとんでもないことに驚かされました。そしてそのことが本当になったとき、私はそのことで「天命」の道に入っていったのです。…つづく。
........................................................................................................................................................................
ドラマ「通霊少女」を見終わってからの感想3
つづき……
みなさん、おはようございます。小さい頃から、私は予知する霊感を持っておりました。しかし生まれながら持ったこの霊感は、いつもわたしを困らせていました。しかも小さい頃から私の人生の道のりは、あまりにも凸凹すぎて、自分がどの道に向かって歩むべきなのかがわかりませんでした。それから37歳の時に、今の旦那と師匠に出会い、私の人生はガラリと変わりました。たとえ自分は生まれながらの天命を持っていたとしても、それだけではまだ足りないのです。なぜならこういう命格を持った人間は、神様に帰依し、またしばらく修行しないといけないからです。私には修行に背く条件など一切ありませんし、外の世界と隔離し、心を平和な気持ちに保ちながら修行に臨まなければなりませんでした。また五宝(悪霊を払うことに使われる神様の武器:七星劍(しちせいけん)、銅棍(どうこん)、刺球(しっきゅう)、鯊魚劍(さめけん)、月斧(げつふ )を操る訓練など終えた後、師匠からあなたはもう一人前だと告げられたときにやっと卒業証書がもらえたようなものです。私はかつて五宝を二回操ったことがありました。神の代弁者としての仕事は、やはり神聖的なものなんですけれど、自分の口の堅さと拒む性格で、結婚、仕事、健康、金運などを含めて、沢山の遠回りをしてきました。何もかも失った時に、私はやっと白旗を上げました。それからある友人が私をお寺に連れて行き……つづく。
次回をお楽しみに…
........................................................................................................................................................................
ドラマ通霊少女を見終わってからの感想2
つづき……
「天命」を持つ人とは、実は正直に言って天に借りがあるので、それを返さなければいけません。ドラマの中で、先生が「天命」を誰かに与えるというのは、なかなか容易なことではない、しかもそれはとても光栄なことなんだ、と言っています。だから、「天命」を持っている人は、一定の条件を備えていないといけません。「天命」を持っている人は、慈悲深い心を持っているかどうか、試されます。また、忍耐心、気力の強さ、何事も苦にしない心を持っているかどうかも試されます。こんな特質を備えていなければならず、多くの「天命」を持っている人たちは、だからこそ拒んだり、抵抗したりするんですね。「天命」を持つ人は、実は天から不思議な力を授けられています。でも、それがどういうことなのか、本当に理解できている人は少ないようです。一般的に言って、この不思議な能力を持つ人は、予知能力があったり、「寃親債主」(幽霊)が見える能力があったりします。私たちが、霊と通信する場合、心通、口通、耳通、眼通、鼻通及び腦通の六通りがあります。通霊少女は、幽霊を見ることができ、それと話をすることも出来たので、この中の眼通と口通に通じていたようです。そのドラマの場面を目の当たりにして、私自身の幼い頃を思い出しました。なぜなら、小さい時から、私は他の人の事情が良く分かることができ、また、相手のことを教えてあげることも出来たのです。つづく…
........................................................................................................................................................................
映画通霊少女を見終わってからの感想1
最近、時間があった夜に、映画通霊少女を全部見終わりました。
見終わった後、一種の感動がありました。なぜなら、彼らは私たちが持つ「天命」とは何かをよく表現していたからです。
なぜこの映画がこんなに人気があるのでしょうか?
その原因は、世界とはもともととても神秘的だということを、神様に替わって代言しているからでしょう。
何十年も以前、私は人々から「半仙」あるいは「仙姑」と呼ばれ、心の中で少し気まずさと拒否感を感じていたことを思い出しました。
しかしながら、「天命」を持っている私たちは、重大な責任を身に背負ってこの世に生を受けていて、一度は心理的に拒否感を感じた自分に、神様は様々な事情によってひどい目に遭わせられ、またこらしめられ、ついには自分の運命を受け入れることに反発し続けることに白旗をあげて降参したのです。
そのようにして、私は30年以上もこの波乱の道を歩むことになったのです...続く
........................................................................................................................................................................
(4/20)今日の夜、子供たちとビルの近くにあるレストランに食事に行きました。食事を終えて帰宅した時、あるおもしろい出来事が起きました。教育の問題を正面からとらえたものでもあります。普段、私のバッグには牛樟芝の丸粒が入ったものが2、3瓶が入っています。お値段はとても高価なもので、私にとっても重要なものです。そこで、私は小さな赤い宝石袋に入れているのです。
ちょうどバタバタとして家の鍵をかけたので、赤い袋を玄関で落としたことに気がつかないままレストランに行きました。
私たちの家の壁向こうは英語の塾で、学生さんもとても多いです。不思議な事に、誰一人としてこの袋を拾わなかったのです。私が玄関に着いた時、その小さな赤い袋は玄関のドアの地面にまだ置かれたままでした。この状況は以前お話した「冥婚」(亡くなった方との結婚)、すなわち「冥婚」の霊と縁ができてしまうからだ(だから拾わない)、と私と子供達で笑いながら話しました。
そこで地面にある紅包(赤い封筒)や赤い物は拾わないでくださいね!そうでないと別の運気がついてくるでしょう!ここにみなさんが平安と喜びがありますことを祝福いたします!
  
........................................................................................................................................................................
(4/18)今日は、毎月一回宜蘭に帰って宿題をする日です。宿題が終わると、恒例の一家そろって美味しいものを食べに行きます。友人がとてもお勧めするお店があったので、今日は家族そろってそちらで食事しました。やはり有名なだけあって、とても美味しいです。ここで皆さんにシェアしますね~。^_^
https://www.facebook.com/nichigetsumeirikanuranai/videos/1552234741485393
........................................................................................................................................................................
いつも多くのお客様や良いお友達のご愛顧を受けて、自分は本当に幸福な人間だと思います。今朝ある古いお客様(現在では良いお友達)で、今では大きいお姉さんと呼ぶ仲となっている方から、大きな青森のりんごを一ケース送っていただきました。どれもみんな大きくてきれいです。食べてしまうのが勿体ないくらいです。心よりこの宋姉さんにお礼申し上げます。この方はとても礼儀正しくて、私の方が申し訳なく感じます!私の為にこんなに出費してしまって。りんごを頂いたので、私からは「平安順利」(平穏無事で順調であるように、という意)という言葉を送ります。どうぞご健康でありますように!どうぞ皆様も平穏無事で喜びが訪れますように!宋姉さん、ありがとうございます!
    描述: 圖像裡可能有水果和食物
........................................................................................................................................................................
今宵は本当に嬉しいです!我が家が一番尊敬する栄総病院の胸腔外科の権威でいらっしゃる、私の主治医の許文虎先生ご一家と一緒にお食事致しました。自分の命の恩人と食事を共にできるなんて素晴らしいことです。これ以上素敵なことがあるでしょうか。それに一緒にお食事すると、毎回とても楽しいのです。今日は更に美しいご長女も同席されて、しかも今お子さんを身ごもっていて、新しい命がこれから誕生するとのこと、私どももとても嬉しく思います。どうぞご長女様の出産が順調でありますように。命の恩人の許文虎先生ご夫妻がいつまでもご健康でありますように。
........................................................................................................................................................................
山丼‐忠孝延吉店に来ています。
今日の夕食は丼飯です。
とっても美味しいです!どうりで行列がすごい訳ですね~
財布に優しく、味も良い~
丼飯がお好きな方は、お見逃しなく
住所:台北市大安区延吉街114
描述: 圖像裡可能有食物   描述: 圖像裡可能有室內
  
........................................................................................................................................................................
お知らせ
先日のヒルナンデスでの放送が、「いま、話したいこと」というブログで、
とてもわかりやすくまとめられていました。
皆様、どうぞご覧下さい。
http://nowkore.seesaa.net/article/taiwan0323_hiru.html
........................................................................................................................................................................
《地獄》
以前お客様から聞かれた質問で面白いと思ったことがありました。今日は皆様にシェアしたいと思います。お客様が私に「あなたは地獄を知っていますか?」と質問してきました。多くの方が地獄について興味をお持ちであることは私自身も知っています。今日は私が身をもって体験したことをお話をしたいと想います。私は地獄へ行ったことがあるとお客様に伝えたら、大変驚かれました。一回目の体験は、私が19歳の時手術をした時です。その時の手術で、私は危篤状態におちいりました。手術室に入り、麻酔を打たれましたが、私はハッキリ覚えています。私の体は大きな渦の中に引き込まれ、暗い灰色の壁が並んでいるところに着きました。私は歩き続けて、この世のはてまで行きました。暗い灰色の壁にわずかに小さな空間があるのを見つけました。私がその空間に入ろうとした時に、母方の亡くなったおじいちゃんが突然現れました。おじいちゃんは、私が麻酔から目が醒めるまで私に「早く帰れ」とずっと叫んでいました。それで、私は目が醒めて自分が助かったことを知りました。アハハ!閻魔様は私が可愛かったから、娘として地獄に残したくなかったのでしょうね。つづく
........................................................................................................................................................................
44日は清明節です
44日は清明節で、ご先祖のお墓をきれいにすることで、私たちの敬意を表す日でもあります。そして私たちにとっても、とても大事な日であります。ずっとこの問題を考えていたのですが、現代の若者は、ごく一部ですが清明節の大切さを忘れてきている人たちがいます。時に、私たちの伝統ある文化が、どんどん省略されてきているように感じてきました。これからは、昔ながらの伝統がどんどん少なくなっていくのでしょうか?本当に心配です!私自身、伝統はやはり維持していかなければいけないと感じます。ご先祖を祭ることは、とても大事なことです。ご先祖は私たちの根でもあります。ご先祖あっての子孫です。時々ニュースを見てみると、ごく一部の若者ですが、親を殺したり、悪事を働いたりして、現代社会での親に対する感情というものが、どんどん薄れていっているような気がします。私たちは、もっと若い人たちに、倫理を教育していかなければいけないのではないでしょうか。現実の生活の中で、ご先祖や両親を敬うことをしていかなければいけません。生活する意義とは、そういうことではないでしょうか。この場を借りて、私の考えを皆さんにお伝えいたしました。どうぞ皆様が幸福で喜びが訪れますように!
........................................................................................................................................................................
那須温泉ファミリースキー場での雪崩発生について
3月27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生し、巻き込まれた8名の高校生が心肺停止、一人が行方不明、また怪我を負った人も数名いるというニュースを耳にし、大変心を痛めております。
被害に遭われた方たち皆様が、平安無事でありますように、
日月命理館スタッフ一同、心からお祈り申し上げます。
........................................................................................................................................................................
営業再開のお知らせ
皆様方にはいつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
魏先生は県外出張で326日の午後に台北に戻りますので、
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、
326日の午後から通常営業いたします。
何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご来舘を心よりお待ち申し上げます
........................................................................................................................................................................
FaceBookでビデオLIVE!!
 
.........................................................................................................................................................................
《スピード(速度)》
昨晩、最後のお客様が帰られた後、士林夜市へ出掛けました。私の姪夫婦は士林夜市で洋服店を二軒経営しており、お店の名前は「GZ」です。週末の土曜日ということもあって、私は客寄せの招き猫(ハァハァ!ぽっちゃりした猫;)の役割をしてきました。お店は繁盛していますが、お店を更に繁盛させるにはどうすべきか私は考えました。結局、閉店時間の夜12時過ぎまで彼らといっしょに時間を過ごしました。私の息子智鴻と息子のようにかわいがっている德剛が迎えに来てくれて、いっしょにうちへ帰りました。德剛は最近スポーツカー『フォード・マスタング』を買ったばかりで、年を取った母親にスポーツカーの魅力を教えるつもりでした。「悪ガキ」二人は、私がびっくりして足に力が入らないことを知るはずもありませんでした。今まで生きていて